raise(C++)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

signal.h:インデックス への移動


ヘッダー ファイル

signal.h

カテゴリ

プロセス制御ルーチン

プロトタイプ

int raise(int sig);

説明

実行中のプログラムにソフトウェア シグナルを送ります。

raise は sig で指定されたタイプのシグナルをプログラムに送ります。プログラムが、sig で指定されたシグナル タイプ用のシグナル ハンドラをインストールしている場合は、そのハンドラが実行されます。ハンドラがインストールされていない場合は、そのシグナル タイプに対するデフォルトのアクションが実行されます。

signal.h に現在定義されているシグナル タイプは以下のとおりです。

SIGABRT

異常終了

SIGFPE

不正な浮動小数点演算

SIGILL

無効な命令

SIGINT

Ctrl-C による割り込み

SIGSEGV

ストレージへの無効なアクセス

SIGTERM

プログラム終了要求

SIGUSR1

ユーザー定義シグナル

SIGUSR2

ユーザー定義シグナル

SIGUSR3

ユーザー定義シグナル

SIGBREAK

Ctrl-Break による割り込み



メモ: 通常の操作中に Appmethod C++ によって SIGABRT が生成されることはありません。ただし、abort、raise、または処理できない例外によって、SIGABRT が生成されることはあります。

戻り値

成功した場合は 0 を返します。

エラーが発生した場合は 0 以外を返します。

#include <signal.h>
int main(void)
{
    int a, b;
    a = 10;
    b = 0;
    if (b == 0)
    /* preempt divide by zero error */
       raise(SIGFPE);
    a = a / b;
    return 0;
}
 

移植性

POSIX Win32 ANSI C ANSI C++

+

+

+

+