#pragma link

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

pragma 指令の概要:インデックス への移動

構文(「疑似文法」を参照)

#pragma link "[path]modulename[.ext]"

説明

#pragma link 指令は、指定されたファイルを実行可能ファイルにリンクするようにリンカに指示します。

path 引数を使用すると、ディレクトリを指定できます。デフォルトでは、リンカはローカル ディレクトリのほか、リンカの -L オプションで指定されたパスでも modulename を探します。

デフォルトのファイル タイプを使用している限り、modulename のファイル拡張子(.ext)を指定しないでください。リンカでは、modulename のファイル拡張子(.ext)として以下のデフォルト値を仮定します。

  • .obj 拡張子: BCC32(32 ビット Windows ターゲット プラットフォーム用)の場合
  • .o 拡張子: 次のコンパイラの場合
    • BCC64(64 ビット Windows ターゲット プラットフォーム用)
    • BCCOSX(Mac OS X ターゲット プラットフォーム用)

そのため、.ext を省略した場合は、現在のターゲット プラットフォーム(32 ビット Windows、64 ビット Windows、OS X のいずれか)に従って、適切な拡張子が自動的に使用されます。

関連項目