LiveBinding とアクション リスト

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Appmethod での LiveBinding への移動


LiveBindings は、アクション リストとの統合をサポートします。つまり、すべての標準アクションが含まれるメニューに、標準の LiveBinding アクションも含まれるようになっています。

概要

TActionList コンポーネントをフォームに配置した後で、LiveBinding アクションを使用することができます。 [オブジェクト インスペクタ]で公開されている Action プロパティを使って、ボタンやメニューに標準の LiveBinding アクションを割り当てることができます。


LBActionsMenu.png

上の図を見るとわかるように、標準の LiveBinding アクションは、バインド ナビゲータが提供している関数とよく似ています。

ボタン 用途
TBindNavigateFirst データ ソース内の最初のレコードを現在のレコードに設定し、[最初へ]ボタンと[前へ]ボタンを無効にします。[次へ]ボタンと[最後へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
TBindNavigatePrior 前のレコードを現在のレコードに設定し、[最後へ]ボタンと[次へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
TBindNavigateNext 次のレコードを現在のレコードに設定し、[最初へ]ボタンと[前へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
TBindNavigateLast データ ソース内の最後のレコードを現在のレコードに設定し、[最後へ]ボタンと[次へ]ボタンを無効にします。[最初へ]ボタンと[前へ]ボタンが無効になっている場合は有効にします。
TBindNavigateInsert 現在のレコードの前に新しいレコードを挿入し、データ ソースを挿入および編集の状態に設定します。
TBindNavigateDelete 現在のレコードを削除して、次のレコードを現在のレコードにします。
TBindNavigateEdit データ ソースを編集状態にして現在のレコードを変更できるようにします。
TBindNavigatePost 現在のレコードに対する変更をデータ ソースに書き込みます。
TBindNavigateCancel 現在のレコードに対する編集を取り消して、レコードの表示を編集前の状態に戻します。挿入および編集の状態がアクティブになっている場合は非アクティブにします。
TBindNavigateRefresh 関連付けられているデータ ソースのバッファリングされているデータの表示を更新します。
TBindNavigateApplyUpdates データ ソースに対するすべての保留中の更新を適用します。
TBindNavigateCancelUpdates データ ソースに対するすべての保留中の更新をキャンセルします。


関連項目