Ini ファイルとシステム レジストリの操作

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ファイルの取り扱い への移動

多くのアプリケーションでは、ini ファイルを使用して構成情報を保存しています。RTL には、ini ファイルを操作するためのクラスが 2 つあります。つまり、TIniFileTMemIniFile です。

ini ファイルを使用する場合の利点は、読み取りと編集が簡単にできることです。これらのクラスの詳細については、「TIniFile および TMemIniFile の使用」を参照してください。

多くの Windows アプリケーションでは、ini ファイルの代わりにシステム レジストリを使用しています。Windows システム レジストリは階層的なデータベースで、構成情報を一元的に格納する場所となっています。には、システム レジストリを操作するためのクラスが含まれています。これらのうち、TRegistryIniFileTRegistry の 2 つは、 ini ファイルを操作するためのクラスと似ているので、ここで説明します。

TRegistryIniFile は、ini ファイルを操作するクラスと共通の上位クラス(TCustomIniFile)を持っています。TRegistryIniFile については、「TRegistryIniFile の使用」で説明しています。

Windows アプリケーションの場合は、TRegistry クラスを使用できます。TRegistry のプロパティ名とメソッド名は、システム レジストリの編成により直接的に対応しています。ini ファイル用のクラスと互換性を持つ必要がないからです。TRegistry については、「TRegistry の使用」で説明しています。

関連トピック

関連項目