IBM DB2 サーバーへの接続(FireDAC)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

データベース接続(FireDAC) への移動

このトピックでは、IBM DB2 サーバーへの接続方法を説明します。

サポート対象バージョン

FireDAC ネイティブ ドライバでは、IBM DB2 の Enterprise、Workgroup、または Express エディションのバージョン 8 以降をサポートしています。バージョン 8.2 以降をお勧めします。また、FireDAC ODBC ドライバや DBX ブリッジ ドライバを使用して、他の IBM データベース製品を操作することもできます。

Windows 版クライアント ソフトウェア

FireDAC を使用するには、"IBM DATA SERVER DRIVER for ODBC"、"IBM DB2 ODBC DRIVER"、または "IBM DB2 DRIVER FOR ODBC" の x86 または x64 ODBC ドライバをワークステーションにインストールしておく必要があります。これらは次のサイトからダウンロードできます。

ダウンロードして解凍した後、"<クライアント>\bin\db2oreg1 -i" を実行して ODBC ドライバをインストールします。さらに、フィックス パックもダウンロードしてインストールします。

DB2 ODBC ドライバが正しくインストールされていない場合は、接続を試みたときに以下の例外が発生します。


[FireDAC][Phys][ODBC][Microsoft][ODBC Driver Manager] Data source name not found and no default driver specified

ドライバのリンク

ドライバをリンクするには、以下のいずれかを行います。

  • [ツール パレット]の[FireDAC Links]ページから、TFDPhysDB2DriverLink コンポーネントをドロップします。
  • uses 句に FireDAC.Phys.DB2 ユニットを追加します。

接続定義パラメータ

DB2 接続属性を指定する方法は 2 つあります。DB2 クライアント ソフトウェアで DB2 接続エイリアスが構成されている場合には、アプリケーションで Alias パラメータを指定します。エイリアスが構成されていない場合には、ProtocolServerPortDatabase の各パラメータを指定します。また、User_NamePassword も指定します(詳細は「接続の定義(FireDAC)」を参照)。

DriverID=DB2

パラメータ 説明 値の例
Alias 接続エイリアス。 MyDB2Srv
Server ホスト名(Alias を指定していない場合)。 127.0.0.1
Port ポートの値(Alias を指定していない場合)。 5000
Database データベース名(Alias を指定していない場合)。 ADDEMO
Protocol プロトコル名(Alias を指定していない場合)。 TCPIP
User_Name DB2 ユーザー名。 db2admin
Password データベース ユーザー パスワードです。'{' と '}' を含むパスワードはサポートされていません。 master
LoginTimeout 接続の確立中にアプリケーションがタイムアウトするまでの時間(秒単位)を制御します(0 の場合は無限に待つことを指定します)。 30
StringFormat

文字列値を表す方式を次のいずれかとして定義します。

  • Choose -- 宣言されたデータ型の名前に応じて ftString/ftWideString/ftMemo/ftWideMemo として表します(デフォルト)。
  • Unicode -- 常に ftWideString/ftWideMemo として表します。
Unicode
ExtendedMetadata

クエリ結果セットの拡張記述を次のように制御します。

  • True -- FireDAC により、取得可能なすべての列属性(読み取り専用かどうか、自動インクリメントするかどうか、列の生成元など)を取得するよう結果セットが記述されます。このオプションを True に設定すると、データセットが開くのが少し遅くなります。
  • False -- クエリ列に関する制限された情報だけが使われます(デフォルト)。
True
ODBCAdvanced その他の任意の ODBC 接続パラメータ値を追加で指定することができます。デフォルト値は "IGNOREWARNINGS=1" です。
MetaDefSchema デフォルト スキーマ名です。スキーマ名が MetaDefSchema と同じ場合、設計時コードではオブジェクト名からスキーマ名が省略されます。 db2admin

使用例

  • 既存のデータベース エイリアスを使用して DB2 に接続する場合:


DriverID=DB2
Alias=addemo
User_Name=db2admin
Password=mypwd
MetaDefSchema=db2admin
  • 完全な接続情報を使用して DB に接続する場合:


DriverID=DB2
Server=127.0.0.1
Database=addemo
Port=50000
Protocol=TCPIP
User_Name=db2admin
Password=mypwd
MetaDefSchema=db2admin

関連項目