HTML タグ エディタを使用する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

コード エディタ への移動

HTML ファイルを作成または編集する場合、フォーム デザイナの下の タグ エディタ ウィンドウを使用して、HTML タグを編集できます。 HTML フォームを使用している場合、[表示|タグ エディタ] を選択すると、タグ エディタをデザイナに表示できます。

タグ エディタ を使用すると、[デザイン] ウィンドウの上部に対応するコントロールが表示され、HTML タグの確認および変更ができます。 タグ エディタ では、コード エディタ と同様の コード補完エラー インサイト、および ライブ テンプレート補完 機能を使用できます。 これらの各機能の詳細は、このトピックの最後のリンクを参照してください。

タグ エディタ では、1 度に 1 つのタグが対象です。ただしドキュメント オブジェクトを選択しているか、タグを縮小している場合を除きます。(ドキュメント オブジェクトを選択している場合、[オブジェクト インスペクタ] に "DOCUMENT" が表示される)。

[ズーム アウト](左矢印)または [ズーム イン](右矢印)では、親のタグの表示と、選択した子のタグの表示を切り替えできます。 ズーム機能は、タグに固有にではなく、ドキュメント自体のマークアップでも有効です。 たとえば、カーソルが HTML マークアップのタグの上にあるときに、[ズーム アウト] を使用すると、外側のタグ、またはカーソルが置かれている属性の 1 つ上のレベルに移動します。

標準の HTML スタイル規則の検証は、自動的に行われます。 検証でエラーがあると、デザイン で不正な要素が赤で強調表示され、タグ エディタエラー インサイト が表示されて、問題の修正を支援します。

個々のコントロールの HTML コードを表示するには:

  1. [デザイン] を表示して、HTML 要素を ツール パレット から [デザイン] にドラッグします。 タグ エディタ に HTML コードが表示されます。
  2. 個々のコントロールのコードを表示するには、[デザイン] のコントロール以外の場所をクリックして、コントロールの選択を解除します。 [タグ エディタ] ウィンドウに、HTML コードが構文を強調表示して表示されます。 [タグ エディタ] のグレーのヘッダーに、上位レベルのタグ(通常、この Web フォームを定義する FORM タグ)が表示されます。

    メモ: コントロールが数行の HTML コードで定義されている場合、コントロールを選択すると、コードの最初の行がタグ エディタのグレーのヘッダーに表示されます。 残りのコードは、下の [タグ エディタ] ウィンドウに表示されます。

すべてのコントロールの HTML コードを表示するには:

  1. [デザイン] を表示して、いくつかの HTML 要素を ツール パレット から [デザイン] にドラッグします。 [タグ エディタ] は、[デザイン] にドロップした各要素の HTML コードを表示します。
  2. [デザイン] のコントロール以外の場所をクリックして、すべてのコントロールの選択を解除します。 これによって、[タグ エディタ] にすべてのコントロールのコードが構文を強調表示して表示されます。

コントロールを変更するには:

  1. [デザイン] のコントロール以外の場所をクリックして、すべてのコントロールの選択を解除します。
  2. 変更するコントロールに対応するタグを見つけます。
  3. コードを変更すると、変更がただちに [デザイン] 上のコントロールに反映されます。
  4. プロジェクトを保存して、変更内容を格納します。

エディタ プロパティを変更するには:

  1. [ツール|オプション...|HTML オプション]を選択します。
  2. コード エディタのプロパティを変更します。
  3. [OK] をクリックします。 変更がただちに反映されます。

フォームとフォーム コンテナの間をズーム インやズーム アウトするには:

  1. HTML フォーム定義を表示するようにズームするには、[タグ エディタ] のグレーのヘッダーにある青い左矢印([ズーム アウト])をクリックします。

    メモ: この機能は、カーソルが [デザイン] ではなく [タグ エディタ] 内にある場合のみ使用できます。

  2. FORM タグ内にある内容のみを表示するようにズームするには、[タグ エディタ] のグレーのヘッダーにある青い右矢印([ズーム イン])をクリックします。

    メモ: この機能は、カーソルが [デザイン] ではなく [タグ エディタ] 内にある場合のみ使用できます。

関連項目