Google Glass ファースト ステップ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Android アプリケーションの作成 への移動


FireMonkey で、Google Glass デバイスをターゲットとしたアプリケーションをサポートするようになりました。

Google Glass アプリケーションの作成

Glass デバイス用の USB ドライバをインストールする

Android デバイス用の USB ドライバのインストール」での説明のように、Google USB ドライバをインストールします。

Google Glass をターゲット プラットフォームとするマルチデバイス アプリケーションを作成する

  1. [ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーションを選択し、[空のアプリケーション]など、Google Glass で使用したい任意のテンプレートを選択します。 マルチデバイス テンプレートは、ターゲット デバイスに合わせて自動的に形式やサイズが変更されます。
  2. プロジェクト マネージャで、デバイスが Android ターゲット プラットフォーム ノードの下にターゲットとして現れていることを確認します。
  3. Google Glass デバイスが選択されていなければ選択します(アクティブなターゲットは太字で表示されます)。
GoogleGlassTarget.png

設計時デバイスを Google Glass に設定する

フォーム デザイナには、Google Glass ビューが用意されています。 この新しいビューは、Google Glass ユーザー インターフェイスと解像度に合わせて最適化されています。 Google Glass ビューを使用すると、アプリケーション内のコンポーネントが適切な場所に表示されるようになります。

  • フォーム デザイナで、[ビュー]セレクタ ドロップダウン メニューから、[Google Glass]を選択します。
GoogleGlassDesignTimeDevice.png

アプリケーション用に GoogleGlass スタイルを使用する

Google Glass デバイスでは、目のことを考えると明るい色よりも暗い色の方が適しています。Appmethod には、Google Glass 用にカスタマイズされた暗い色の FireMonkey スタイルが含まれています。

フォームで Google Glass スタイルを使用する手順は以下のとおりです。

  1. [ツール パレット]からフォームに TStylebook を追加します。
  2. TStylebook コンポーネントをダブルクリックします。FireMonkey スタイル デザイナが開きます。
  3. [読み込み...]をクリックします。すると、[開く]ダイアログ ボックスが開きます。
  4. C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\Styles\Android\ を選択します。
  5. FireMonkey スタイルとして GoogleGlass.fsf を選択し、[開く]をクリックします。
  6. [適用して閉じる]をクリックします。
  7. TForm コンポーネントを選択した状態で、[オブジェクト インスペクタ]StyleBook プロパティに TStyleBook コンポーネントの名前(StyleBook1 など)を追加します。

[ナビゲーション付きタブ]アプリケーション テンプレートを使用している場合、アプリケーションは次のスクリーンショットのように表示されるはずです。

GoogleGlassTabbedNav.png

ステータス バーを無効にする方法

Google Glass アプリケーションは、めったにステータスバーを表示しません。

ステータス バーは、次の 2 段階の手順で無効にすることができます。

  1. フォームの BorderStyle プロパティを[None]に設定します。
  2. [プロジェクト|オプション...|バージョン情報に移動します。
  3. [ターゲット]上で、ドロップダウン メニューから、[すべての構成 > Android プラットフォーム]を選択します。
  4. theme キーの値を[タイトルバーなし]に変更します。

アプリケーションを "ok glass" ボイス メニューに統合する方法

アプリケーションを ok glass ボイス メニューに統合するには、音声トリガをセットアップして、AndroidManifest.xml ファイルに含める必要があります:

トリガを含む XML ファイルを作成する

  1. プロジェクト マネージャを右クリックし、[新規追加|その他...|Web ドキュメント|XML ファイル]を選択して、プロジェクトに新しい XML ファイルを追加します。
  2. XML ファイルの名前を voice_trigger_start などに変更します。
  3. XML ファイルをプロジェクトのフォルダに保存します。
  4. XML ファイルをエディタで開いて以下の行を追加します。

     <!--Include the name of the voice trigger:-->
     <trigger keyword="Voice_Trigger_Name"> </trigger>
     <!--Note: This name also appears as the name of the app in the 'ok glass' menu.-->

新規作成した XML ファイルを配置マネージャに追加する

前のステップで作成したリソース XML ファイルを配置マネージャに入れる必要があります。これにより、apk パッケージ内部のデバイスへの配置が確実なものとできます。

  1. [プロジェクト|配置]を選択します。
  2. ドロップダウン メニューで[すべての構成 - Android プラットフォーム]を選択します。
  3. [ファイルの追加]DMgrAddFiles.png)をクリックします。
  4. voice_trigger_start.xml ファイルを追加します。
  5. [リモート パス]を編集して「res\xml」に変更します。Android デバイス上のこのパスに XML ファイルが配置されます。
Remotepathxmlgoogleglass.png
メモ: Google Glass Voice Trigger の詳細については、https://developers.google.com/glass/develop/gdk/voice を参照してください。

AndroidManifest.xml を変更する

1. プロジェクト マネージャで選択された Android プラットフォームで、初めてプロジェクトをビルドした後、AndroidManifest.template.xml がプロジェクト フォルダに追加されます。
メモ: 詳細は、「AndroidManifest.xml ファイルのカスタマイズ」を参照してください。
2. AndroidManifest.template.xml ファイルをプロジェクトに追加します。
3. AndroidManifest.template.xml ファイルをエディタで開いて以下の行を追加します。
1. <intent-filter> タグの中に以下の行を追加します。
        <!--Intent filter for voice trigger:-->
        <action android:name="com.google.android.glass.action.VOICE_TRIGGER" />
2. <activity> 要素の中に、以下の行を追加します。
        <!--Meta data for the voice trigger -->
        <meta-data
            android:name="com.google.android.glass.VoiceTrigger"
            android:resource="@xml/voice_trigger_start"/>
        <!--@xml/voice_trigger_start is a reference to the voice_trigger_start.xml-->
4. 標準以外の音声トリガ コマンドを使用するには、特別な権限を追加する必要があります。
<%uses-permission%> の行の直下に、次の特別な権限を追加します:
        <uses-permission android:name="com.google.android.glass.permission.DEVELOPMENT" />
メモ: 使用できるシステム音声コマンドの詳細は、https://developers.google.com/glass/develop/gdk/reference/com/google/android/glass/app/VoiceTriggers.Command を参照してください。

アプリケーションを削除する方法

Google Glass デバイスからのアプリケーションのアンインストールは、Android シェル コマンドを使って行うことができます。お使いのシステムに adb(Android Debug Bridge)が入っている必要があります。adb は Android SDK に同梱されています。

adb ツールは C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\PlatformSDKs\android-sdk-windows\platform-tools にあります。

接続されているデバイスが 1 つだけであれば、adb コマンドはデフォルトでそのデバイスに送信されます。 複数のデバイスがアタッチされている場合には、-s オプションを使ってコマンド送信先のターゲット デバイスを指定する必要があります:

adb [-s <serialNumber>] <command>
  • 接続されているすべてのデバイスの一覧を表示するには:
adb devices -l
  • デバイスにインストールされているすべてのパッケージの一覧を表示するには:
adb shell pm list packages
  • パッケージをアンインストールするには:
adb shell pm uninstall com.embarcadero.ProjectName

関連項目