FireDAC の使用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス開発(FireDAC) への移動


概要

マルチデバイス開発のために、FireDAC では以下のプラットフォームをサポートしています。

  • Windows x86 および x64
  • Mac OS X x86
  • iOS
  • Android

一般に、Linux、Mac OS X、iOS、Android での FireDAC アプリケーション開発は Windows での開発と似ていますが、以下のように、いくつかの点で異なります。

  • FireDAC GUI コンポーネントの FireMonkey による実装を使用する場合は、GUIx コンポーネントが Provider = 'FMX' になっている必要があり、同じくコンソールによる実装を使用する場合は、同コンポーネントが Provider = 'Console' になっている必要があります。なお、Provider = 'FMX' または 'Console' に切り替えるには、"uses" 句から FireDAC.VCLUI.Xxx ユニットを削除しなければならない場合があります。
  • TFDPhysDriverLink.VendorLibTFDCustomManager.ConnectionDefFileName などの、FireDAC プロパティの設計時パスを指定しないようにします。デフォルト値、FireDAC 構成ファイル、パス変数のいずれかを使用します。
  • アプリケーションと DBMS クライアント ダイナミックリンク ライブラリのビット数は同じでなければなりません。x86 実行可能ファイルでは x86 ライブラリを使用し、x64 実行可能ファイルでは x64 ライブラリを使用します。
  • Linux および Mac OS では、ODBC ベースのドライバ(SQL ServerIBM DB2SQL Anywhereを使用するのに、TFDPhysXxxxDriverLink.ODBCDriver プロパティまたは構成ファイルを使って ODBC ドライバを明示的に指定しなければならない場合があります。
  • Microsoft Access ドライバは Windows プラットフォームでのみサポートされています。
  • iOS および Android のモバイル プラットフォームには、InterBaseSQLiteDataSnap のドライバのみサポートされています。
  • iOS および Android のモバイル プラットフォームには、InterBaseSQLite のドライバのみサポートされています。
  • Microsoft SQL Server ODBC ドライバと FreeTDS ODBC ドライバは動作および品質がかなり異なります。
  • SQLite ドライバでは、Win32 および Win64 の場合にのみ静的リンクをサポートしています。その他のプラットフォームの場合は、ダイナミックリンク ライブラリを用意する必要があります。
  • ユーティリティは Windows の場合にのみ提供されます。

FireDAC の構成

Mac OS X および Linux 上で複数のアプリケーションで共有される永続接続定義仮想ドライバを使用するには、以下の手順が必要です。

  • ~/.firedac フォルダを作成します。
  • 以下の内容の fd.conf ファイルを作成します(たとえば FireDAC\DB\fd.conf.linux を参照)。
[main]
FDHOME=$(HOME)/.firedac
ConnectionDefFile=$(FDHOME)/FDConnectionDefs.ini
DriverFile=$(FDHOME)/FDDrivers.ini
  • FireDAC/DB/FDConnectionDefs.linux を例に接続定義ファイルを作成します。これを ~/.firedac/FDConnectionDefs.ini にコピーしたあと、必要な接続定義をそれに追加します。このファイルはなくてもかまいません。
  • FireDAC/DB/FDDrivers.linux を基にドライバ構成ファイルを作成します。これを ~/.firedac/FDDrivers.ini にコピーしたあと、必要なドライバ構成をそれに追加します。このファイルはなくてもかまいません。

関連項目