EMS サーバーまたは EMS コンソール サーバーの構成

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

EMS サーバーのセットアップ への移動

EMS コンソール サーバーのセットアップ への移動


エンタープライズ モビリティ サービス(EMS)を正しくセットアップするには、リソースと、Appmethod に付属しているスタンドアロンの開発用アプリケーションが必要です。

EMS 構成ファイル

Appmethod では、Web ブラウザ コンソールをレンダリングするスクリプト、EMS サーバーの構成ファイルと EMS データベースを作成するためのスクリプト、EMS コンソール サーバーおよび EMS サーバーを実行するためのスタンドアロン アプリケーションが用意されています。

C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\ObjRepos\en\EMS フォルダには以下が含まれています。

  • webresources フォルダ。このフォルダには、Web ブラウザ コンソールをレンダリングするためのスクリプトが含まれています。ここで定義されているレイアウトやテンプレートやスタイルを変更して、EMS コンソール サーバーの外観をカスタマイズすることができます。
  • emsserver.ini ファイル。EMS サーバー構成ファイルのテンプレートです(EMS サーバーおよび EMS コンソール サーバー用)。
  • EMS データベース作成ファイル
    • emsmserver.sql ファイルと emsserver.sql ファイル。EMS データベースを作成するための SQL スクリプト ファイルです。
    • EMSMSERVER.IB ファイルと EMSSERVER.IB ファイル。EMS データベースを作成するためのライセンス テンプレート ファイルです。

スタンドアロン アプリケーション(EMSDevConsole.exe および EMSDevServer.exe)は以下のフォルダにあります。

  • 32 ビット Windows の場合C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\bin
  • 64 ビット Windows の場合C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\bin64

初回の EMS 環境の構成

EMSDevServer.exe および EMSDevConsole.exe プログラムは、レジストリ キーがないか、emsserver.in ファイルが存在しない場合にのみ、セットアップ ウィザードを実行します。

メモ: 運用環境に対しては、EMS セットアップ ウィザードを実行する前に、Interbase EMS データベースを適切に設定する必要があります。

[EMS セットアップ ウィザード]を起動するには:

  1. システム上で以下のスタンドアロン アプリケーションのいずれかを探し、ダブルクリックします。
    • EMSDevConsole.exeEMS コンソールが開き、確認ダイアログが表示されます。
    • EMSDevServer.exeEMS サーバーが開き、確認ダイアログが表示されます。
  2. [はい]をクリックして、構成用の[EMS セットアップ ウィザード]を実行します。開いた[EMS セットアップ ウィザード]で新しい EMS データベースを作成します。
  3. [データベースの新規作成]ページが開きます。
    • [データベースの新規作成]ページで以下の値を入力して、接続パラメータを指定します。
      • [サーバー インスタンス]: EMS データベースのホストとなる InterBase インスタンスを指定します。開発環境の場合にはこれを空欄のままにしておいてください。運用環境の場合に、EMS を使用します。
        メモ: 詳細については、「運用環境に対する EMS データベース要件」を参照してください。
      • [DB ファイル名]: emsserver.ib
      • [DB ファイル ディレクトリ]: デフォルト パスは C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS です。
      • [DB ユーザー名]: パラメータのデフォルト値は sysdba です。
      • [DB パスワード]: パラメータのデフォルト値は masterkey です。
        メモ: [パスワードを表示する]を選択すると、パスワードが暗号化されないまま表示されます。
      • [>> 次へ]をクリックします。
    EMSSetup DBConnection.png
  4. [データベースの作成]ページが開きます。
    • 配布ファイルから新しい EMS データベースを作成する方法を選択します。
      • [ライセンス取得済みのテンプレート ファイルをコピーする]
      • [SQL スクリプトを実行する]
      • [>> 次へ]をクリックします。
    EMSSetup DBCreation.png
  5. [サンプル データ]ページが開きます。
    • EMS データベース内にどのサンプル データを生成するかを示すオプションを 1 つ以上選択します。
    EMSSetup Samples.png
  6. [>> 次へ]をクリックします。[コンソール]ページが開きます。
    • [コンソール ユーザー名][コンソール パスワード]を指定します。デフォルト値は consoleuserconsolepass です。
      メモ: このユーザー名とパスワードは emsserver.ini ファイル内にプレーン テキストで保存されます。
    EMSSetup Login.png
  7. [>> 次へ]をクリックします。[最終決定]ページが開きます。
    • [完了]をクリックすると、以下のファイルがデフォルト パス C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS に作成されます。
      • DB ファイル: EMS データベース ファイル(emsserver.ib)。InterBase サーバーが動作している必要があります。
      • [構成ファイル]: EMS サーバー構成ファイル(emsserver.ini)。
      • [レジストリ キー]: システム上の EMS レジストリ キー。
    EMSSetup Paths.png
  8. [情報]ウィザードが開き、作成されたファイルとデータベースに追加されたデータとが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。
    EMSSetup Confirmation.png

EMS サーバーと EMS コンソールを別々のサーバー上で動作させるつもりであれば、それぞれのサーバーに構成ファイル(.ini)を置く必要があります。

その場合には、EMS サーバー上の Interbase データベースにアクセスするよう、コンソール サーバー上の .ini ファイルを構成してください。

セットアップ ウィザードの実行

以下の手順を実施すると、セットアップ ウィザードを再び実行することができます。

  1. コマンド プロンプト(cmd.exe)を開きます。
  2. 次のコマンドを入力します。
emsdevserver -setup
  1. コマンド プロンプト(cmd.exe)を開きます。
  2. EMSDevServer.exe のフォルダ(以下を参照)に移動します。
    • 32 ビット Windows の場合C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\bin
    • 64 ビット Windows の場合C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\bin64
  3. 次のコマンドを入力します。
EMSDevServer.exe -setup

関連項目