EMS コンソール サーバーの構成の手動編集

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

EMS コンソール サーバーのセットアップ への移動

EMS コンソール サーバーを構成するには、EMSServer.ini ファイルを編集する必要があります。

デフォルトでは C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS にあります。

メモ: このファイルを編集した場合は、emsserver.ini ファイルを再読み込みするために EMS コンソール サーバーを終了して再起動する必要があります。

EMS データベースの構成

EMS コンソール サーバーで使用される EMS データベースのデフォルト情報を変更することができます。EMSServer.ini ファイルで、[Data] セクションに移動します。

  • InstanceName -- EMS データベースのホストとなる InterBase インスタンスを指定します。
  • Database -- EMS データベース ファイルのローカルまたはリモート ディレクトリです。
  • UserName -- EMS データベースにアクセスするためのユーザー名です。
  • Password -- EMS データベースにアクセスするためのパスワードです。
  • SEPassword -- 暗号化された InterBase データベースに接続するためのパスワードです。
  • Pooled -- EMS データベースに対する FireDAC 接続のプールを有効にして、接続の待ち時間を短縮します。
  • PooledMax -- EMS データベースに使用可能なプールされた接続の最大数です。
[Data]
; Interbase connection parameters
InstanceName=EMS
Database=C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS\emsserver.ib
UserName=sysdba
Password=masterkey
SEPassword=
;# SEPassword connects to an encrypted database
Pooled=
;# Set Pooled=0 to disable connection pooled, Pooled=1 to enable. Default value is 1.
PooledMax=
;# Set PooledMax=10 to limit maximum pooled connection.  Default value is 50.

EMS コンソールのログイン構成

通常のブラウザから EMS コンソールにアクセスするためのデフォルトの資格情報を変更できます。EMSServer.ini ファイルで、[Console.Login] セクションに移動します。

  • UserName -- EMS コンソールにアクセスするためのデフォルトのユーザー名です。
  • Password -- EMS コンソールにアクセスするためのパスワードです。
[Console.Login]
UserName=consoleuser
Password=consolepass

EMS コンソール接続

開発環境で EMS コンソール サーバーへの接続のデフォルト情報を変更することができます。EMSServer.ini ファイルで、[Console.Connection.Dev] セクションに移動します。

  • Port -- EMS コンソールへの HTTP 要求の接続ポートを指定します。開発環境での EMS コンソール サーバーのデフォルト ポートは 8081 です。
  • HTTPS -- EMS コンソールの HTTPS サポートを有効にします。有効にする場合は、お使いのシステムに OpenSSL をインストールし、証明書ファイル情報を構成する必要があります。
  • CertFile -- EMS コンソールで使用される自己署名証明書ファイル(.pem ファイル)の絶対パスです。
  • RootCertFile -- EMS コンソールで使用される CA 証明書ファイル(.pem ファイル)の絶対パスです。自己署名証明書を使用する場合は、ここを空白のままにしておきます。
  • KeyFile -- 自己署名キー ファイル(.pem ファイル)の絶対パスです。
  • KeyFilePassword -- 証明書ファイルを使用するために設定するパスワードです。
[Console.Connection.Dev]
Port=8081
;# The following options enable HTTPS support.
HTTPS=1
;# Set HTTPS=1 to enable HTTPS, HTTPS=0 to disable.
 CertFile=C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS\cacert.pem
; RootCertFile=
;# When using a self-signed certificate, RootCertFile is left blank.
 KeyFile=C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\EMS\cakey.pem
 KeyFilePassword=certpassword

EMS コンソール ブラウザの設定

Web ブラウザに EMS コンソールのデータを表形式で表示するのに使用されるデフォルト設定を変更できます。EMSServer.ini ファイルで、[Console.Browser] セクションに移動します。

  • LimitRows -- 表に表示されるデータの行数の上限です。デフォルト値は 15 です。
  • DateFormat -- EMS コンソールの日付ピッカーに表示される日付の形式です。日付の構成要素や構成要素の区切り記号の順序を変更できます。デフォルトの形式は "月/日/年" です。
[Console.Browser]
LimitRows=15
DateFormat=mm/dd/yy

EMS リソース Web ファイル

EMS コンソール サーバーを Web ブラウザにレンダリングするためのスクリプトとリソース ファイルを変更できます。EMSServer.ini ファイルで、[Console.Paths.Dev] セクション(開発環境の場合)または [Console.Paths.ISAPI] セクション(運用環境の場合)に移動します。

  • 開発環境でのデフォルト構成:
[Console.Paths.Dev]
ResourcesFiles = C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0\ObjRepos\en\EMS //Folder that contains the template folder (\webresources\templates\)
WebFiles= http://localhost/<folder_name> // URL to the WebFiles folder

メモ:
  • Microsoft IIS サーバーを使った運用環境向けの構成の例:
[Console.Paths.ISAPI]
ResourcesFiles= C:\inetpub\wwwroot\<folder_name>  //Folder that contains the template folder (\webresources\templates\)
WebFiles=  http://localhost/<folder_name> // URL to the WebFiles folder 
メモ:

Web サーバー内への Web ファイル リソースの配置

異なるホストに置かれた Web ファイル リソースを取得するよう EMS コンソール サーバーを構成することができます(.ini ファイルの WebFile プロパティを変更)。

EMS コンソール サーバーの Web ファイル リソースは以下のフォルダに含まれています。

  • /webresources/css/
  • /webresources/fonts/
  • /webresources/ico/
  • /webresources//img/
  • /webresources/js/

異なる Web サーバー上の Web ファイル リソースにアクセスするには、リソースが置かれている Web サーバーでクロスドメイン要求を許可する必要があります。クロスドメイン要求では、異なるドメイン(要求を送信したドメイン)からリソースを求める HTTP 要求を実行することができます。

HTTP 応答ヘッダーに、以下のいずれかの方法で Access-Control-Allow-Origin オプションを含める必要があります。

  • Access-Control-Allow-Origin: *
  • Access-Control-Allow-Origin: http://domain:8081/(より限定的な構成)

Microsoft IIS サーバーを Web ファイル リソースのホストとして使用している場合には、「クロスドメイン要求を許可するよう Microsoft IIS サーバーを構成する」を参照してください。

関連項目