E2180 dispid '%d' はすでに '%s' で使用されています (Object Pascal)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

エラーと警告のメッセージ(Object Pascal):インデックス への移動

このクラスですでに別のメンバーへ割り当ててある dispid を使用しようとしました。


program Produce;

  type
    Base = class
      v : Integer;
      procedure setV(x : Integer);
      function getV : Integer;
    automated
      property Value : Integer read getV write setV dispid 151;
      property SecondValue : Integer read getV write setV dispid 151;
    end;

  procedure Base.setV(x : Integer);
  begin v := x;
  end;

  function Base.getV : Integer;
  begin getV := v;
  end;

begin
end.

{ 個々の automated プロパティの dispid はユニークでなければならないので,SecondValue はエラーである }


program Solve;

  type
    Base = class
      v : Integer;
      procedure setV(x : Integer);
      function getV : Integer;
    automated
      property Value : Integer read getV write setV dispid 151;
      property SecondValue : Integer read getV write setV dispid 152;
    end;

  procedure Base.setV(x : Integer);
  begin v := x;
  end;

  function Base.getV : Integer;
  begin getV := v;
  end;

begin
end.

{ SecondValue へユニークな dispid を割り当てればエラーはなくなる }