C++ プリコンパイル済みヘッダー ファイル(*.pch)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ファイルの種類:インデックス への移動


C++ プロジェクトをビルドすると、Appmethod によってプリコンパイル済みヘッダー ファイルが生成されます。

プリコンパイル済みヘッダー ファイルは、プロジェクトのヘッダー ファイルの中間形式で、コンパイラがすばやく処理できるファイルです。これにより高速コンパイルが可能になります。

プリコンパイル済みヘッダー ファイルのファイル名は以下のようになります。

  • <プロジェクト>.pch: 32 ビット Windows および Mac OS X の場合
  • <プロジェクト>PCH1.pch: その他のプラットフォームの場合

プロジェクトをビルドすると、C++ プリコンパイル済みヘッダー ファイルが生成され、C:\Users\<user>\Documents\Embarcadero\Studio\Projects\<プロジェクト>\<プラットフォーム>\<ビルド構成> に格納されます。
32 ビット Windows および Mac OS X 以外のプラットフォームでは、Appmethod によって、静的バージョンの C++ プリコンパイル済みヘッダー ファイルも生成され、C++ プリコンパイル済みヘッダー ファイルの出力フォルダの staticobjs というサブフォルダ(デフォルトでは C:\Users\<user>\Documents\Embarcadero\Studio\Projects\<プロジェクト>\<プラットフォーム>\<ビルド構成>\staticobjects)に格納されます。

32 ビット Windows または Mac OS X の出力ファイル パスを変更するには、[プロジェクト|オプション...|C++ コンパイラ|プリコンパイル済みヘッダー[PCH ファイル名]オプションを使用します。
他のプラットフォームでは出力ファイル名を変更することはできません。他のプラットフォームで出力ディレクトリを変更するには、[プロジェクト|オプション...|C++ コンパイラ|ディレクトリと条件定義[オブジェクト ファイルの出力ディレクトリ]オプションを使用します。

このオプション ファイルを生成しないようにするには、[プロジェクト|オプション...|C++ コンパイラ|プリコンパイル済みヘッダー[PCH の使用法]オプションに以下のいずれかの値を指定します。

  • [使用しない]
  • [使用するが生成しない]

関連項目