C++ クラス エクスプローラでメソッドを作成する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

C++ クラス エクスプローラ関連のトピック への移動

この手順では、C++ クラス エクスプローラを使用して、選択したクラスまたはインターフェイスに関連付けるメソッドを作成する方法を説明します。

C++ クラス エクスプローラでメソッドを作成するには:

  1. 以下のいずれかを行います。
    • ここの説明に従って、C++ クラス エクスプローラを開きます。
    • C++ クラス エクスプローラが既に起動されている場合は、ウィンドウ上部の[C++ クラス ブラウザ]タブをクリックして、C++ クラス エクスプローラに戻ります。
  2. 型リスト ペインで、メソッドを追加するクラスまたはインターフェイスをクリックします。
  3. 以下のいずれかを行います。
    • [このクラスに新しいオペレーションを追加]ClExplAddMethod.bmp)ツールバー ボタンをクリックします。
    • クラスまたはインターフェイスを右クリックして、コンテキスト メニューの[オペレーションの追加...]をクリックします。
  4. [オペレーションの追加 <名前>]ダイアログ ボックスで、[名前]ボックスにメソッドの名前を入力します。
  5. [戻り値の型]に、追加するメソッドから受け取りたい戻り値のデータ型を入力するか、ドロップダウン リストからデータ型を 1 つ選択します。
  6. [メソッド パラメータ]に、メソッドの完全なパラメータ リストを入力します。かっこを入力する必要はありません。メソッドがパラメータを取らない場合、このフィールドは空欄のままにします。
  7. 特定のコンパイラ指令を有効にするには、次から適切なチェックボックスをオンにします。
  8. [追加]をクリックします。C++ ヘッダー ファイルのクラス宣言にメソッドが追加されます。C++ 実装ファイルにスタブ実装が作成されます。


関連項目