Appmethod Android アプリケーションでのカスタム Java ライブラリ セットの使用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Appmethod Android アプリケーションでの Java ライブラリの使用 への移動


Appmethod では、Appmethod アプリケーションで独自のまたはサードパーティ製の Java ライブラリを使用することができます。

Appmethod Android アプリケーションでカスタム ライブラリ セットを使用するには:

  1. お使いの Java ライブラリが Appmethod の Java ライブラリの要件を満たしていることを確認します。
  2. Object Pascal または C++ アプリケーションで Java ライブラリ API へのアクセスに使用できるネイティブ ブリッジ ファイルを作成します。
  3. アプリケーションに Java ライブラリを追加します。

Appmethod の Java ライブラリの要件

Appmethod では、Android API レベル 10(Android 2.3.3)以降のみサポートしています。お使いの Java ライブラリで Android API を使用している場合は、サポートされている Android API を使って、それらのライブラリをコンパイルする必要があります。

お使いの Java ライブラリが他の Java ライブラリに依存している場合は、自分の Java ライブラリとその依存先ライブラリの両方の JAR ファイルが必要です。後で有効な classes.dex ファイルを生成するために、これらすべての Java ライブラリの JAR ファイルが必要なのです。

各ライブラリにどの JAR ファイルが属しているかについては、「classes.dex ファイルの生成」セクションの表を参照してください。

Java ライブラリのネイティブ ブリッジ ファイルの作成

Java ライブラリができたら、ネイティブ ブリッジ ファイルを 1 つ以上作成する必要があります。これらは、お使いの Java ライブラリの API にアクセスするためにネイティブ Appmethod アプリケーションに組み込むことができる Object Pascal ファイルまたは C++ ファイルです。

Java2OP コマンドライン ツールを使って、Object Pascal のネイティブ ブリッジ ファイルを作成できます。その後は、Object Pascal ネイティブ ブリッジ ファイルを C++ に手動で変換できます。

Appmethod インストール フォルダ(C:\Program Files (x86)\Embarcadero\Studio\17.0)内の次のパスにある既存のブリッジ ファイル(Androidapi.JNI で始まるファイル)を調べると参考になるでしょう。

  • source\rtl\android(Object Pascal の場合)
  • include\android\rtl(C++ の場合)

Java ライブラリのアプリケーションへの追加

Android 向けアプリケーションに Java ライブラリを追加するには、2 つの異なるアプローチがあります。

関連項目