Android SDK の追加

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

マルチデバイス アプリケーション作成のステップ への移動

Android モバイル アプリケーション開発 への移動


ソフトウェア開発キット(SDK)は、ターゲット プラットフォーム向けにアプリケーションを構築するために使われる一連のファイルを提供するものです。Android 向けのアプリケーションを開発するときには、開発用システム上に Android SDK および Android NDK が必要で、その両方がどこにあるかを[SDK マネージャ]がわかっていなければなりません。

Android SDK を Appmethod に自分で追加する必要はない

Appmethod のインストーラは、Appmethod のインストール時にデフォルトで、Android 開発ツールのテストの済んだ最新の推奨バージョンをインストールし、Android SDK を Appmethod の[SDK マネージャ]に追加します。

GetIt を使用して Android 開発ツールをインストールする場合にも、Android SDK は Appmethod の[SDK マネージャ]に追加されます。

下記の手順で Android SDK を Appmethod に追加しなければならないのは、Android 開発ツールを手動でインストールした場合と、既に開発システムにインストールされているバージョンの Android 開発ツールを使用したい場合だけです。

Appmethod への Android SDK の追加

Appmethod に Android SDK を追加するには:

  1. [ツール|オプション...|環境オプション|SDK マネージャを選択し、[追加...]ボタンをクリックします。
  2. [新規 SDK の追加]ダイアログ ボックスで、[プラットフォームの選択]ドロップダウン リストから[Android]を選択します。
  3. [SDK バージョンの選択]ドロップダウン リストで[新規追加...]を選択し、[Android SDK の新規作成]ウィザードのステップを完了します。
    1. [Android SDK 基底パス]フィールドと[Android NDK 基底パス]フィールドで、インストールした SDK と NDK の場所をそれぞれ参照して選択します。
    2. これで、[Android SDK の新規作成]ウィザードの残りのフィールドと[Android ツールの場所の設定]ページに情報が自動的に入力されます。後もう少しでこの手順が完了します。
    3. 自動的に入力されないフィールドや YellowBang.png のマークが付いたフィールドについては、入力フィールドをクリックし、システム上のそのライブラリのインストール場所を参照します。
    4. [完了]を選択すると、新しい SDK の作成が終了します。
  4. 新しい SDK を Android 用のデフォルト SDK にしたい場合には、[選択した SDK をアクティブにする]をオンにします。
  5. [OK]を押して続行します。

これで、追加した Android SDK バージョンが[SDK マネージャ]のリストに表示されます。

AndroidSDKInstalled.png

また、[プロジェクト マネージャ]の[Android]ターゲット プラットフォームには、Android SDK のバージョンが表示されます。

FullyPopulated.png

関連項目