[LiveBinding デザイナ]での要素の表示と非表示

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[LiveBinding デザイナ] への移動


[LiveBinding デザイナ]では、バインディング図の個々の要素を表示したり非表示にすることができます。

他の要素にバインドされていない要素を取り除いてバインディング図を整理するには:

  1. 要素のタイトルを右クリックし、コンテキスト メニューから[要素を非表示]を選択します。
    複数の要素を選択して一度に非表示にすることもできます。

    LBHidingProcedure1.png

  2. [要素を非表示]をクリックすると、選択した要素がバインディング図上に表示されなくなります。

    ヒント: 既に別の要素にバインドされている要素を非表示にすると、バインディング(図上の線)も非表示になりますが、削除はされません

  3. 非表示の項目を元のように表示するには、[LiveBinding デザイナ]の背景を右クリックし、コンテキスト メニューから[要素の表示/非表示を切り替え...]コマンドを選択します。
    [要素の可視性]ダイアログ ボックスが開き、そこでダイアグラム上に存在する個々の要素の可視性を設定することができます。

    LBHidingProcedure2.png

    • チェック ボックス コントロールでリスト内の要素の可視性を指定できます。
    • チェック ボックス リストの下の検索ボックスを使用すると、探している要素を素早く見つけることができます。要素名の最初の数文字を入力すると、それに合わせてチェック ボックス リストが更新されます。
    • [すべて選択/選択解除]チェック ボックスを使用すると、チェック ボックス リスト内のすべての要素を一度に選択または選択解除することができます。
    • [デフォルトのクラス可視性]チェック ボックスを使用できるのは、既に要素の表示/非表示を変更してデフォルトのクラスの可視性と一致しなくなっている場合だけです。たとえば、TLabel を表す要素を非表示にすると、[デフォルトのクラス可視性]チェック ボックスが有効になります。このチェック ボックスをオンにすると、作業対象のフォームのバインディング図に含まれるすべての要素の表示/非表示の状態が最初の状態に戻ります。

関連項目