[検索]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[検索]メニュー への移動

検索 > 検索    Ctrl+F

指定されたテキストを検索します。

[検索...]をクリックすると、コード エディタ ウィンドウの最下部に次のタスク バーが表示されます。

FindTaskBar.png

ツールバーを使用してコード エディタでテキストを検索するには:

  1. 検索フィールドに、検索する文字列を入力します。
  2. 検索を変更するには、以下の表に示す検索に影響するチェックボックスをクリックします。
  3. 検索を開始するには、以下のいずれかを押します:
    • Enter キーを押して、下方検索を開始します(または検索バーの SearchDown.bmp をクリック)。
    • Shift+Enter を押して、上方検索を開始します(または検索バーの SearchUp.bmp をクリック)。
    • Ctrl+Enter を押して、ファイルの先頭から検索します(または検索バーの RestartFromBeginning.bmp をクリック)。

コード エディタで直接検索するには:

いったんツールバーに検索条件を入力し Enter キーを押すと、フォーカスがコード エディタに切り替わります。

  • 一致した文字列がすべて強調表示されます。
  • ツールバーを使用せずにコード エディタ内で強調表示された一致箇所を探すには、次のショートカットを使用します。
    • F3 または Ctrl+L で下方向に検索できます。
    • Shift+F3 で上方向に検索できます。

文字列の強調表示: 検索コマンドは、検索文字列をすべて検出し、強調表示します。 最初に出現した検索文字列は、他の位置の検索文字列とは異なる色で強調表示されます。 検索文字列の強調表示に使用される色は、この IDE で使用される配色の一部ですが、別の強調色にすることもできます。

  • 使用される強調色を指定するには、 [ツール|オプション...|エディタ設定|色]ダイアログ ボックスで、次の要素の[前景色](文字列の色)と[背景色](強調表示の色)を選択します。
    • [検索一致]: 現在検出された検索文字列
    • [追加の検索一致部分の強調表示]:他のすべての検出された検索文字列
  • すべての検索一致部分を強調表示しないようにするには、 [ツール|オプション...|エディタ設定]ダイアログ ボックスで、[一致する検索結果をすべて表示]をオフにします。

検索の折り返し: ファイルの末尾(上方検索の場合は、ファイルの先頭)まで検索したとき、[一致する検索結果が見つかりません]ダイアログ ボックスが表示されます。

  • ファイルのもう一方の端から検索を再開するかどうか選択できます。
  • [自動的に検索を折り返す]をオンにして、[一致する検索結果が見つかりません]ダイアログ ボックスをそれ以上表示させないようにすることもできます。
  • [一致する検索結果が見つかりません]ダイアログ ボックスの表示を有効または無効にするには、 [ツール|オプション...|エディタ設定]をクリックし、[自動的に検索を折り返す]オプションをオフまたはオンにします。

検索オプション チェックボックスと検索バー: 使用しているスクリーンの画面解像度によって、[大文字/小文字を区別する]、[単語単位で検索] などのオプションはチェックボックスで表示される場合と、スペースが不足してポップアップメニュー 「>>」 で表示される場合があります。 「>>」ポップアップ メニューに表示されるいずれのオプションも、オンまたはオフに切り替えることができます。


項目 説明

<テキストボックス>

検索文字列を入力するか、テキスト ボックスに隣接する下向き矢印 DownArrowFind.bmp をクリックして以前に入力した検索文字列を選択します。

SearchDown.bmp
[下方検索]

現在の位置からファイルの末尾に向かって検索します。 これがデフォルトの設定です。

SearchUp.bmp
[上方検索]

現在の位置からファイルの先頭に向かって検索します。

RestartFromBeginning.bmp
[検索範囲の先頭から]

ファイルの先頭から下方向に検索を開始します。

[大文字/小文字を区別する]

検索実行時に、大文字と小文字を区別します。

[単語単位で検索する]

単語のみを検索します。 (このオプションをオフにすると、入力した文字列より長い単語からも検索文字列が検出されます。)

[正規表現]

検索文字列内の正規表現を認識します。 正規表現の一覧は、正規表現(「特殊文字])を参照してください。

[選択部分のみ]

コード エディタで強調表示されている選択領域だけを検索します。 選択領域が強調表示されていない場合、次のエラー メッセージが表示されます: "選択領域を検索しようとしましたが、領域が正しくありません。"

[検索範囲の先頭から]

検索範囲の先頭から検索を開始します。 一般には、検索範囲はファイルの先頭から開始しますが、次のような例外があります:

  • 選択部分の中を検索している場合、その選択部分が検索範囲となり、先頭から検索が実行されます。
  • 上方検索する場合、ファイルの末尾が検索範囲の「先頭」になります。

このオプションは、IDE セッションや検索呼び出しの間で保持され、有効のままになります(ここで無効にされない限り)。 RestartFromBeginning.bmp ボタンを使ってファイルの先頭から検索を開始することもできますが、このボタンは検索ごとに有効にする必要があります。

[インクリメンタル サーチ]は常に、カーソルの位置から開始され、[検索範囲の先頭から]の設定の影響はうけません。

関連項目