[新規 SDK の追加]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[SDK マネージャ] への移動


[ツール|オプション...|環境オプション|SDK マネージャ]|[追加...]をクリック

[プロジェクト マネージャ][ターゲット プラットフォーム]下のプラットフォームを右クリック|[プロパティ...][新規追加...]([[SDK (ソフトウェア開発キット)])


[新規 SDK の追加]ダイアログ ボックスを使用して、新しい SDK を[SDK マネージャ]に追加することができます。

  • Mac OS X または iOS アプリケーションの場合、SDK の追加は必須です。
  • Android アプリケーションの場合、製品のインストール時にインストールされたデフォルトの Android SDK および NDK を使用している場合、SDK の追加は必要ありません。

トラブルシューティング情報については、「[SDK マネージャ]」を参照してください。

オプション 説明

[プラットフォームの選択]

SDK のターゲット プラットフォームを選択します。SDK ファイルは、このプラットフォームのアプリケーションを構築するために使われます。「サポートされているターゲット プラットフォーム」を参照。

[接続するプロファイルの選択]
(Mac OS X および iOS のみ)

Mac 上で稼働しているプラットフォーム アシスタント サーバーに接続するための接続プロファイルを選択します。Appmethod は、接続プロファイルで指定されたマシンから開発用システムに SDK ファイルを取り込みます。「開発用 PC で接続プロファイルを作成およびテストする」を参照。

ドロップダウン リストには、対象のターゲット プラットフォームをサポートする既存の接続プロファイルが含まれます。[新規追加...]を選択すると[接続プロファイルの作成]ウィザードが開き、ターゲット プラットフォームをサポートする新しい接続プロファイルを作成することができます。

[SDK バージョンの選択]

開発用システムに追加する SDK バージョンを選択します。

ドロップダウン リストには、対象のターゲット プラットフォーム向けにプラットフォーム アシスタント サーバーが提供している(Mac OS X および iOS)SDK バージョンか、開発用システムにインストール済みと検出された SDK バージョンが含まれます。使用できる SDK バージョンのリストは、上で選択したプラットフォーム(と接続プロファイル)に応じて変わります。

メモ: iOS の場合、ドロップダウン リストにサポートされていない iOS SDK のバージョンが表示される可能性があります。それらを選択しないでください。Appmethod では、iOS SDK 8.0 以前のバージョンはサポートしていません。ドロップダウン リストにサポート対象の iOS SDK のバージョンが表示されない場合、お使いの Mac にインストールされている Xcode が最新版か確認してください。「Mac での Xcode のインストール」を参照。

ドロップダウン リストが空であったり、期待した SDK が含まれていない場合には、「[SDK マネージャ]」の「トラブルシューティング」セクションを参照。

[選択した SDK をアクティブにする]

このオプションをオンにすると、新しく追加する SDK が選択したプラットフォームのデフォルト SDK になります。

関連項目