[新規コンソール アプリケーション](C++)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[ファイル]メニュー への移動


[ファイル|新規作成|その他...|C++ プロジェクト|コンソール アプリケーション]

このウィザードを使用して、コンソール ウィンドウで動作する C または C++ アプリケーションを作成します。コンソール アプリケーションでは、FireMonkey のビジュアルではない要素を使用できます (Object Pascal 用のコンソール アプリケーションを作成するときは、このウィザードは開きません)。

項目 説明

[ソースの種類]

アプリケーションのメイン モジュールに使用する言語を指定します。選択肢には次のものがあります。

  • [C]
  • [C++]

[ターゲット フレームワーク]

コンソール アプリケーションに関連付けるフレームワークまたはライブラリを指定します。

[なし]

フレームワークをコンソール アプリケーションに関連付けません。

[ビジュアル コンポーネント ライブラリ]

VCL コンポーネントを含むことができるアプリケーションを作成します。このオプションを使用できるのは、[ソースの種類][C++]を選択した場合だけです。このオプションをオンにすると、IDE により #include vcl.h が追加され、VCL オブジェクトに対応できるようスタートアップ コードとリンカ オプションが変更されます。このオプションにより、Object Pascal ランタイム ライブラリ(RTL)も同様に使用されます。VCL では Windows ターゲット プラットフォームだけをサポートしています。

[FireMonkey]

FireMonkey コンポーネント(マルチデバイス)を含むことができるアプリケーションを作成します。このオプションを使用できるのは、[ソースの種類][C++]を選択した場合だけです。このオプションをオンにすると、IDE により #include fmx.h が追加され、FireMonkey オブジェクトに対応できるようスタートアップ コードとリンカ オプションが変更されます。このオプションにより、Object Pascal ランタイム ライブラリ(RTL)も同様に使用されます。FireMonkey はすべての対象ターゲット プラットフォームをサポートしています。

[マルチスレッド]

複数のスレッドが実行されることを指定します。このオプションは、ターゲット フレームワークを選択した場合([ターゲット フレームワーク]が[なし]以外)には必須であり、淡色表示されます。

[コンソール アプリケーション]

アプリケーションのコンソール ウィンドウを作成します。

[プロジェクト ソースの指定]

コンソール アプリケーションに既存のソース ファイルを指定できます。ソース ファイルを指定するには、このオプションをオンにして、... ボタンをクリックしてソース ファイルを見つけ選択します。

関連項目