[コンポーネントの新規作成]

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[コンポーネント]メニュー への移動


コンポーネント > コンポーネントの新規作成...

Object Pascal または C++ の新しいコンポーネントを作成するには、このウィザードを使用します。 現在のプロジェクトのパーソナリティが検出され、コンポーネントに使用されます。

メモ: ここで説明するすべての機能が、このウィザードを実行するたびに毎回提示されるとは限りません。

[パーソナリティ、フレームワーク、プラットフォーム]ページ

ウィザードを呼び出したときにプロジェクトを開いていない場合のみ、この初期ページ([パーソナリティ、フレームワーク、プラットフォーム]ページ)が表示されます。 このウィザードの起動時にプロジェクトを開いている場合には、この初期ページは表示されず、パーソナリティ、フレームワーク、プラットフォームには現在のプロジェクト設定のものが使用されます。

この初期ページには、使用可能なパーソナリティが表示されます(Object Pascal または C++)。コンポーネントで使用したいパーソナリティを指定します:


  • [FireMonkey for C++] - Win32、Win64、Mac OS X、iOS、Android のアプリケーションでサポート


  • [FireMonkey for Object Pascal] - Win32、Win64、Mac OS X、iOS、Android のアプリケーションでサポート

メモ: Win64 アプリケーションの場合、ウィザードのこのページ上で、コンポーネントの 32 ビット版を作成する必要があります。 その後、コンポーネントを、Win64 コンポーネントとして再びコンパイルしなければなりません(プロジェクト マネージャにおいて[ターゲット プラットフォーム]を Win64 に設定して)。 Appmethod は、出力ファイル(.bpl、.dcp など)をプロジェクト出力ディレクトリ内にあるプラットフォーム固有のディレクトリに保存します。

[継承元コンポーネント]ページ

新しいコンポーネントの継承元として使用される、インストールされているコンポーネントのリストが表示されます。

項目 説明

コンポーネント リスト

インストールされているコンポーネントのリストが表示されます。このリストには、コンポーネント名ユニット名(名前空間)が含まれています。作成したいコンポーネントの上位クラスとしての役割を果たすコンポーネントを選択します。

検索メガネ 検索

検索文字列を入力します。入力した検索文字列に一致するコンポーネントのみが自動的にリストに表示されます。[X]をクリックすると、検索文字列が削除されます。

[コンポーネント]ページ

新規コンポーネントを作成するために使われるパラメータを編集できます。

項目 説明

[クラス名]

新しいコンポーネントの名前を入力するか、デフォルト値を使用します。

[パレット ページ名]

ツール パレットに新しいコンポーネントを表示するときのカテゴリを選択します。

[ユニット名]

新しいコンポーネントのユニット名を入力します。ファイルを参照するには、参照([...])ボタンをクリックします。

[検索パス]

新しいコンポーネントへの検索パスを入力します(任意)。

使用されるデフォルト値は、次のページで設定されているライブラリ パスです。

  • [ツール|オプション...|環境オプション|C++ オプション|パスとディレクトリ(C++)}}
  • [ツール|オプション...|環境オプション|Object Pascal オプション|Object Pascal オプション|ライブラリ(Object Pascal)

[ユニットの作成]ページ

新しいユニットを作成するか、既存のパッケージに新しいコンポーネントをインストールするか、新しいパッケージにコンポーネントをインストールするかを指定します。プロジェクトを開いている場合は、現在のプロジェクトにコンポーネントを追加することもできます。

項目 説明

[ユニットの作成]

クリックすると、IDE は新しいユニットを作成します。

[既存のパッケージへインストール]

クリックすると、既に存在するパッケージに新しいコンポーネントをインストールします。

[新規パッケージへインストール]

クリックすると、IDE は新しいパッケージを生成します。

[<my_new_package> プロジェクトにユニットを追加]

クリックすると、指定されたパッケージに新しいコンポーネントをインストールします。 「[コンポーネントの新規作成]ウィザードを使用する」で説明されているように、コンポーネントの新規作成ウィザードを開始するまえに、テンプレート:Manu を呼び出すことで、このパッケージは作成することができます。

[既存のパッケージへ追加]ページ

新しいコンポーネントをインストールする既存のパッケージを選択できます。 このページが表示されるのは、ウィザードの#[ユニットの作成]ページで[既存のパッケージへインストール]を選択した場合のみです。

項目 説明

インストールされているパッケージのリスト

システムに現在インストールされているすべてのパッケージを一覧します。これには、パッケージ名説明、およびファイル名が含まれます。

検索メガネ 検索

検索文字列を入力します。入力した検索文字列に一致するパッケージのみが自動的にリストに表示されます。[X]をクリックすると、検索文字列が削除されます。

[参照]

[参照]をクリックしてリストにないパッケージを探します。

[新規パッケージ]ページ

新しいコンポーネントを含めるためにウィザードによって作成される新規パッケージの名前を入力できます。このページが表示されるのは、ウィザードの[ユニットの作成]ページで[新規パッケージへインストール]を選択した場合のみです。

項目 説明

[パッケージ名]

新しいパッケージの名前を入力します。参照([...])ボタンをクリックすると、新しいパッケージが置かれるフォルダを指定できます。

[説明]

新しいパッケージの説明を入力します。

関連項目