統合フォーマッタ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ソース コード フォーマッタ への移動


Appmethod には、IDE に統合されているソース コード フォーマッタが用意されています。

統合ソース コード フォーマッタは、以下のファイルを整形できます。

  1. 個別のソース ファイル(あるいは、これらのファイルで選択されたコード ブロック)
    • [編集|ソースの整形]メニュー コマンド、またはコード エディタの[ソースの整形]コンテキスト メニュー コマンドを使用すると、コード エディタで編集中のファイルまたは選択したコード ブロックを整形できます。
    • [編集|ソースの整形]メニュー コマンド、または[プロジェクト マネージャ]の[ソースの整形]コンテキスト メニュー コマンドを使用すると、[プロジェクト マネージャ]で選択したソース コード ファイルを整形できます。
  2. プロジェクトのすべてのソース コード ファイル
    • [プロジェクト マネージャ]の[プロジェクト ソースを整形...]コンテキスト メニュー コマンドを使用すると、[プロジェクト マネージャ]で選択したプロジェクトのすべてのソース コード ファイルを整形できます。
    • [プロジェクト|プロジェクト ソースを整形...]メニュー コマンドを使用すると、([プロジェクト マネージャ]で)現在アクティブなプロジェクトのすべてのソース コード ファイルを整形できます。

フォーマッタ オプションのアクティブ セットを以下のように管理できます。

  • [オプション]ダイアログ ボックスの[フォーマッタ]ページ([ツール|オプション...|フォーマッタ])を使って、アクティブ セット内のオプションをカスタマイズできます。
  • [プロファイルと状態]ページ([ツール|オプション...|フォーマッタ|プロファイルと状態])の[プロファイルの選択]コントロールと[デフォルトに戻す]ボタンを使って、フォーマッタ オプションのプロファイルを操作できます。
  • [プロファイルと状態]ページの[名前を付けて保存...]を使って、フォーマッタ オプションのカスタマイズしたアクティブ セットをファイルに保存できます。
  • [プロファイルと状態]ページの[読み込み...]を使って、ファイルに保存されているフォーマッタ オプションを読み込むことができます。

[フォーマッタ]オプションの管理方法は、「ソース コードを整形する」を参照してください。

関連項目