測定セットを操作する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

測定項目を使用する:インデックス への移動


測定セットを作成し、ファイルに保存し、保存した測定セットを読み込むことができます。

測定セットを作成し保存するには:

  1. 以下の操作で[QA 測定]ダイアログ ボックスを開きます。
    • [プロジェクト|QA 測定...]を選択する(コード エディタでのソース コード ファイル編集時)。
    • [QA 測定...]を選択する([ダイアグラム]ビュー[モデル ビュー]のコンテキスト メニュー)。このオプションを使用できるのは、実装プロジェクトのモデリングだけです。
  2. [QA 測定]ダイアログ ボックスのツールバー ボタンに、測定セットを操作するコマンドがあります。
  3. デフォルト セットを基に測定セットを作成する場合は、[デフォルト測定セットに戻す] [デフォルト測定セットに戻す]ボタンをクリックします。
  4. 前に保存したカスタム セットを基に測定セットを作成する場合は、[測定セットの読み込み] [測定セットの読み込み]ボタンをクリックします。[測定セットの読み込み]ダイアログ ボックスが開きます。対象になる測定セットが保存された .MTS ファイルを選択します。[開く]をクリックします。
  5. 左ペインの利用可能な測定項目(ツリー構造)で、個別の測定項目を順番に確認して、カスタム セットに含める測定をオンにします(含めない場合はオフ)。
  6. グループ名の横のチェック ボックスをオンにすると、そのグループの測定項目がすべて選択されます(オフにすると選択解除)。
  7. 選択が完了したら、[測定セットの保存] [測定セットの保存]ボタンをクリックします。[測定セットの保存]ダイアログ ボックスが開きます。カスタマイズした測定セットを保存するファイル名と場所を指定します。[保存]をクリックします。
結果:指定ファイルに測定項目のカスタマイズ セットが保存されます。

保存済みの測定セットを使用するには:

  1. [QA 測定]ダイアログ ボックスを次の操作で開きます。
  2. [測定セットの読み込み] [測定セットの読み込み]ボタンをクリックします。[測定セットの読み込み]ダイアログ ボックスが開きます。使用する測定セットが保存された .MTS ファイルを選択します。[開く]をクリックします。
結果: 指定したファイルに保存された測定セットが[QA 測定]ダイアログ ボックスに読み込まれます。これをカスタマイズして、その測定セットを実行できます。

ヒント:バックアップ ルーチンに .mts ファイルを追加できます。

関連項目