手動での Android 開発ツールのインストール

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

Android 開発ツールのインストール への移動


重要: この方法で Android 開発ツールをインストールするのはお勧めできません。「Android 開発ツールのインストール」を参照してください。

Appmethod のインストーラを使用すると、Android 開発ツールがデフォルトでインストールされます。Appmethod のインストーラでインストールしないよう選択した場合でも、GetIt を使って Android 開発ツールをインストールすることができます。

何らかの理由でどちらの方法でも Android 開発ツールをインストールできない場合には、このページで説明する方法で、手動で Android 開発ツールをインストールすることができます。

Android 開発ツールを手動でインストールするには:

  1. JDK(Java 開発キット)をインストールします。
    メモ: Appmethod インストーラの実行時に、推奨バージョンの Java(1.6 または 1.7)がインストールされていなければ、Android 開発ツールのインストールを選択したかどうかに関係なく、JDK がインストールされます。
  2. Android SDK(ソフトウェア開発キット)をインストールします。
    1. PC 上のブラウザで Android SDK ダウンロード ページを開き、[Download the SDK Tools ADT Bundle for Windows]をクリックします。
      • [Get the Android SDK]ページでは、お使いの Windows プラットフォームに応じて、[32-bit]か[64-bit]のどちらかを選択できます。
      • このダウンロード ファイルには SDK ツールと Eclipse IDE が含まれています。
        ダウンロードの完了後、Eclipse IDE を使用しない場合は、SDK\android-sdk-windows\eclipse フォルダを削除してもかまいません。
    2. <SDK> ディレクトリで SDK Manager.exe を実行します。
      ヒント: [Android SDK Manager]が起動しない場合には、以下の方法を試してください。
      • SDK Manager.exe を右クリックし、[管理者として実行...]を選択します。
      • <SDK> ディレクトリ内の \tools ディレクトリで android.bat を実行します。
    3. [Android SDK Manager]のツリー内で、以下のノードをオン(有効)にします。
      • [Tools]ノード
      • [Android <バージョン> (API <レベル>)]ノード内の[SDK Platform]ノード。ここでの <レベル> は 10 以上でなければなりません(たとえば "19" など)。
        メモ: どの SDK プラットフォームをダウンロードしたかに関係なく、Appmethod では Android 2.3 以降のバージョンをサポートしています。Android SDK プラットフォームには下位互換性があります。
    4. [Install <n> packages]をクリックし、[Accept License]をクリックして必要な使用許諾条項に同意し、[Install]をクリックして必要なソフトウェアをインストールします。
    5. インストールが完了したら、[Android SDK Manager]を終了します。
  3. Android NDK(ネイティブ開発キット)をインストールします。

Android 開発ツールのインストールが済んだら、Appmethod に Android SDK を追加しなければなりません。

システム パス ユーザー定義環境変数への Java の追加

JDK を自分でインストールした場合は、Java がシステム パスに含まれていない可能性があります。Java がシステム パスに含まれていない場合は、たとえば、(SDK Manager.exe ではなく)android.bat を使用して[Android SDK Manager]を起動する必要があります。 Android 向け開発のために最適化したいなら、Java をシステム パス環境変数に追加するとよいでしょう。

  1. [ツール|オプション...|環境オプション|環境変数を選択します。
  2. [システム環境変数]ペインで、[Path]項目をダブルクリックします。
  3. [システム変数の上書き]ダイアログ ボックスで、キーボードの Home キーを押して、パスの先頭にフォーカスを移動します。
  4. システム パスの先頭に Java のパスを追加します(System32 へのあらゆる参照より前に置く必要があります)。
    たとえば、Appmethod における java.exe のデフォルトのインストール パスは以下のとおりです。
    C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_25\bin
    なお、このようにユーザー定義パスを追加しなければならないのは、Java のインストール パスが上記と異なる場合だけです。
    パスを入力したら最後にセミコロン(;)を付けます。
    JustOverride.png
  5. [システム変数の上書き]ダイアログ ボックスで[OK]をクリックし、続いて表示される[確認]ダイアログ ボックスで[はい]をクリックします。
  6. Java のパスが[ユーザー定義環境変数]ペインの[Path]項目の先頭に表示されることを確認してください。
    PathSysVar.png
  7. [OK]をクリックして、[ツール|オプション...]ダイアログ ボックスを閉じます。

Windows 8 での[Android SDK Manager]に関する問題への対処

Windows 8 では、[Android SDK Manager]を起動するとエラーが発生するおそれがあります。その場合には、それ以上 SDK をダウンロードできない可能性があります。

この問題を解決するには、android.bat ファイルを編集し、[Android SDK Manager]を起動している行を変更します。以下のように、Java の呼び出しに -Djava.net.preferIPv4Stack=true を追加します。

call %java_exe% -Djava.net.preferIPv4Stack=true %REMOTE_DEBUG% -Dcom.android.sdkmanager.toolsdir="%tools_dir%" -Dcom.android.sdkmanager.workdir=%work_dir% -classpath "%jar_path%;%swt_path%\swt.jar" com.android.sdkmanager.Main %*

この問題は、Windows 8 が IPv6(インターネット プロトコル バージョン 6)を使用しようとすることに関係があるように思われます。

関連項目