実行時型情報とデストラクタ

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

実行時型情報(RTTI):インデックス への移動


デストラクタのクリーンアップが有効になっている場合、仮想デストラクタを持つクラスへのポインタは、そのクラスが、実行時型情報を有効にしてコンパイルされていないと、削除できなくなります。 実行時型情報とデストラクタのクリーンアップ オプションは、デフォルトで有効になっています。 これらは、[プロジェクト オプション]ダイアログ ボックスの[C++]ページで、または、コマンドライン オプションの -xd および -RT を使用して、無効にすることができます。

 
  class Alpha {
  public:
     virtual ~Alpha() {
     }
  };
  
  void func(Alpha *Aptr) {
     delete Aptr; // エラー。 Alpha は、多態制クラスの型ではない
  }

関連項目