初めてのデスクトップ プラットフォーム用 FireMonkey アプリケーションを作成する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

FireMonkey クイック スタート ガイド - チュートリアル - 初めての FireMonkey アプリケーション への移動

このチュートリアルでは、異なるプラットフォーム(Windows と Mac OS X)で動作する FireMonkey アプリケーションを作成します。このアプリケーションには、次のユーザー インターフェイス要素があります。

  • 名前を入力するためのテキスト フィールド
  • クリックすると "Hello" と表示されるボタン
  • "Hello + <名前>!" というメッセージを表示するラベル

この初めての FireMonkey アプリケーションは、Windows と Mac OS X でそれぞれ次のスクリーンショットのように表示されます。

Windows 上での FireMonkey アプリケーション Mac OS X 上での FireMonkey アプリケーション

My First FireMonkey Application on Windows.png

My First FireMonkey Application on Mac OS X.png



ステップ 1: 空のアプリケーションを新規作成します

Appmethod IDE の[ファイル]メニューから FireMonkey アプリケーションを新規作成することができます。 FireMonkey HD アプリケーションを新規作成するには、次のいずれかを選択します。


それから[空のアプリケーション]を選択し、[OK]をクリックします。


次に示すのは、5 つの異なるペインが表示された IDE のスクリーンショットです。これらのペインは、好みに応じてドッキング/ドッキング解除したり閉じることができます。

5 つのペインとは次のとおりです。


IDE Overview.png
WhiteSpace50.png

ステップ 2: FireMonkey HD フォームにコンポーネントを配置する

FireMonkey アプリケーションを作成するには、まず、ユーザー インターフェイスを設計します。 IDE では、ユーザー インターフェイスを作成するための再利用可能なコンポーネントが何百も提供されています。 カーソルを[ツール パレット]に移動し、[Standard]カテゴリのプラス(+)アイコンをクリックして展開します。 それから[TEdit]コンポーネントを選択して、フォーム デザイナにドロップします。 TEdit コンポーネントのインスタンスがフォーム上に表示されます。


Standard Tab.png TEdit on ToolPalette for FireMonkey.png

同じ手順で[TLabel]コンポーネントと[TButton]コンポーネントをフォームに追加します。 これで 3 つのコンポーネントがフォーム デザイナ上にあるはずです。


TLabel on ToolPalette for FireMonkey.png TButton on ToolPalette for FireMonkey.png

マウスを使ってフォーム デザイナ上の好きな位置にコンポーネントを配置し直します。


FireMonkey HelloWorld UI design.png

フォーム上でコンポーネントを選択した後、[オブジェクト インスペクタ]を使ってコンポーネントのプロパティを確認したり変更することができます。


Set properties for FireMonkey HelloWorld.png

次に、TButton コンポーネントのボタン キャプションをビジュアルに変更します。 この後のステップ 3 では、コードを記述することで、TEdit および TLabel のプロパティをプログラムで変更します。

上に示したスクリーンショットのように TButton のプロパティを変更するには、フォームで TButton コンポーネントを選択し、[オブジェクト インスペクタ]に表示された[Text]プロパティを "Say Hello" に変更します。それから Enter キーを押すと変更が反映されます。


WhiteSpace50.png

ステップ 3: ユーザーがボタンをクリックしたときの応答を Object Pascal コードで記述する

GUI アプリケーションでは、ボタンをクリックしたりテキスト フィールドに入力するといったユーザーのアクションに対する応答のほとんどは、イベントに対する応答として実装できます。 Appmethod では、そのような応答のことをイベント ハンドラと呼びます。

TButton コンポーネントの場合、最も典型的なイベントはボタンのクリックです。 フォーム デザイナでボタンをダブルクリックすると、ボタン クリック イベントのイベント ハンドラを実装するためのスケルトン コードが Appmethod によって生成されます。


New form code.png

これで、Button1Click メソッドの 'begin' 文と 'end' 文の間に応答を実装できます。 小さいダイアログに "Hello + <編集ボックスに入力した名前>" と表示するよう応答を実装します。

 Label1.Text := 'Hello ' + Edit1.Text + ' !';

Object Pascal では、文字列リテラルを囲む引用符は ' ' です。 また、プラス(+)記号を使用して文字列を連結することもできます。

コードを入力している途中に、指定しなければならないパラメータの種類を示すヒントが表示されます。 また、クラスでサポートされているメンバの種類もヒントで示されます。


CodeInsight in action for FireMonkey application.png


WhiteSpace50.png

ステップ 4: アプリケーションを実行する

アプリケーションの実装が終わったので、実行することができます。 IDE の[実行]ボタンをクリックするか、F9 キーを押すか、Appmethod のメイン メニューから [実行|実行] を選択します。


Run my first FireMonkey application.png

アプリケーションを実行すると、編集ボックスとボタンを持つフォームが表示されます。 編集ボックスにテキストを入力し、[Say Hello]ボタンをクリックします。


My First FireMonkey Application on Windows.png


WhiteSpace50.png

ステップ 5: Windows の 64 ビット版をサポートする

デフォルトでは、Appmethod は 32 ビット版の Windows オペレーティング システムを対象としたアプリケーションを作成します。 ターゲット プラットフォームに x64 版の Windows を追加するには、[プロジェクト マネージャ]で[ターゲット プラットフォーム]ノードを選択し、[プラットフォームの追加...|64 ビット Windows]を選択します。 これで Win32 と Win64 の両方のプラットフォーム向けにプロジェクトをビルドすることができます。 また、F9 キーを押すだけで Win64 アプリケーションを実行できます。


Add platform to my first FireMonkey application.png Add 64bit Windows.png

メモ: Appmethod を x86(Win32)エディションの Windows にインストールして実行している場合でも、Windows 64 ビットをターゲットにしたアプリケーションを作成できます。 ただし、そのバージョンの Windows では 32 ビット アプリケーションしかサポートしていないため、デスクトップでアプリケーションを実行することはできません。 アプリケーションを別の 64 ビット システムに配置し、32 ビット Windows 上の IDE から PAServer を使ってデバッグすることができます(リモート デバッグ)。


WhiteSpace50.png

ステップ 6: Mac OS X をターゲットに追加する

Windows 64 ビットの場合と同様にして、Max OS X をターゲット プラットフォームに追加することができます。 Mac OS X をターゲット プラットフォームに追加するには、[プロジェクト マネージャ]の[ターゲット プラットフォーム]ノードを右クリックし、[プラットフォームの追加...|OS X]を選択します。


Add Max OS X.png

メモ: 開発環境は Windows 上にあります。 つまり、ネイティブの OS X アプリケーションを Windows マシンで実行することはできません。 IDE を Mac OS X マシンに接続する必要があります。

アプリケーションを Mac OS X に配置してリモート デバッグ セッションを自動的に確立できるよう、Appmethod ではプラットフォーム アシスタント(PAServer)というツールを提供しています。

  • チュートリアル:「PAServer をインストール」では、PAServer を Mac OS X にインストールする手順を説明しています。


WhiteSpace50.png

接続プロファイルを定義する

Mac OS X マシンに PAServer をインストールした後、次の手順で IDE を Mac に接続します。

  1. プロジェクト マネージャの[ターゲット プラットフォーム] の下にある[OS X]ノードを右クリックし、[プロパティ...]を選択します。
    Assign Remote Profile.png
  2. [プラットフォーム プロパティ]ダイアログ ボックス上で、[プロファイル]コンボボックスから[新規追加...]を選択します。
    PlatformPropertiesDelphiOSXAddNewProfile.png
  3. プロファイルの名前を入力します。
    Specify name for remote profile.png
  4. Mac の名前(または IP アドレス)を指定します。
    Specify name of your mac.png


WhiteSpace50.png

ステップ 7: Mac OS X でアプリケーションを実行する

これで IDE が Mac と接続されています。 もう一度 F9 キーを押して、アプリケーションを Mac 上で実行します。 アプリケーションは次の画像のように表示されるはずです。


My first FireMonkey application running on Mac.png

詳細情報