一般に使用される NULL 終端文字列処理ルーチン

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

文字列の操作 への移動


NULL 終端文字列処理ルーチンの機能はいくつかの分野に分かれます。これらの機能分野の中には、使用目的は同じでも計算での判定基準が異なるルーチンがあります。

次の機能分野別にルーチンの一覧を以下の表に示します。

以下の表では、各ルーチンでの大文字/小文字の区別、現在のロケールの使用、マルチバイト文字セット(MBCS)のサポートの状況を示す欄も、必要に応じて表示されています。

NULL 終端文字列の比較ルーチン

ルーチン 大文字/小文字の区別 ロケール設定の使用 MBCS のサポート

System.SysUtils.AnsiStrComp

System.SysUtils.AnsiStrIComp

×

System.SysUtils.AnsiStrLComp

System.SysUtils.AnsiStrLIComp

×

System.SysUtils.StrComp

×

×

System.SysUtils.StrIComp

×

×

×

System.SysUtils.StrLComp

×

×

System.SysUtils.StrLIComp

×

×

×

NULL 終端文字列の大文字/小文字変換ルーチン

ルーチン ロケール設定の使用 MBCS のサポート

System.SysUtils.AnsiStrLower

System.SysUtils.AnsiStrUpper

System.SysUtils.StrLower

×

×

System.SysUtils.StrUpper

×

×

NULL 終端文字列の部分的変更ルーチン

ルーチン

System.SysUtils.StrCat

System.SysUtils.StrLCat

NULL 終端文字列の部分文字列ルーチン

ルーチン 大文字/小文字の区別 MBCS のサポート

System.SysUtils.AnsiStrPos

System.SysUtils.AnsiStrScan

System.SysUtils.AnsiStrRScan

System.SysUtils.StrPos

×

System.SysUtils.StrScan

×

System.SysUtils.StrRScan

×

NULL 終端文字列のコピー ルーチン

ルーチン

System.SysUtils.StrCopy

System.SysUtils.StrLCopy

System.SysUtils.StrECopy

System.SysUtils.StrMove

System.SysUtils.StrPCopy

System.SysUtils.StrPLCopy

関連項目