ユーザー インターフェイスを作成する(FireMonkey 3D チュートリアル)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

チュートリアル:FireMonkey 3D アプリケーションを作成する への移動


FireMonkey 3D アプリケーションの作成

  1. [ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - Object Pascal] を選択します。[マルチデバイス アプリケーション]ウィザードで[3D アプリケーション]を選択して[OK]ボタンを押します。
  2. フォーム デザイナが起動し、FMX.Forms.TForm3D が表示されます。

コンポーネントの追加と調整

  1. [ツール パレット]から、以下の FireMonkey 3D コンポーネントを追加します([検索]フィールドにコンポーネント名を入力し、Enter キーを押します)。
    3D Form.png
  2. フォーム デザイナで、必要に応じて FireMonkey 3D コンポーネントの位置とサイズを調整します。
    • オブジェクトを移動するには、ドラッグしてドロップするだけです。
    • 3D コンポーネントを回転するには、コンポーネントをクリックしたときに表示される 3 つの青いハンドルを使用します。各ハンドルでは、空間内の関連する平面内で(つまり、x、y、z 軸の周りに)コンポーネントを回転できます。ハンドルをクリックすると、その色が赤になり、アクティブ ハンドルであることを示します。メモ: [オブジェクト インスペクタ]で各 RotationAngle プロパティ(X、Y、Z)を指定することもできます。
    • コンポーネントのサイズを変更するには、サイズ変更コントロールを使用します。これは、コンポーネントの 1 つのかどにある小さい青色の立方体です。サイズ変更コントロールは一度に 1 つの次元で機能します。選択された(アクティブな)次元に当たる立方体の面が赤になります。メモ: [オブジェクト インスペクタ]でプロパティを使用することもできます(TCube の場合、サイズ関連プロパティは DepthWidthHeight です)。
  3. 2 つの立方体の材質を変更するには:
    1. TTextureMaterialSource をフォームに追加します。
    2. TLightMaterialSource をフォームに追加します。
      • 材質の色とテクスチャを指定するには、TLightMaterialSource のプロパティを使用します。
        • TLightMaterialSource を使用して[オブジェクト インスペクタ]で以下の作業を行います。
          • Texture プロパティを調整するために、参照([...])ボタンをクリックして[編集...]を選択します。[ビットマップ エディタ]が開きます。[ビットマップ エディタ][読み込み...]ボタンをクリックして、必要なテクスチャを読み込みます。テクスチャを読み込んだら、[ビットマップ エディタ][OK]ボタンをクリックします。
          • AmbientDiffuseEmissiveSpecular は、デフォルトで次の図のように設定されています。
            TLightMaterialSource Properties settings.png
  4. 設計時の結果を次の図に示します。
    3D Components Design time.png
  5. この時点で F9 キーを押すと、初めての FireMonkey 3D アプリケーションをコンパイルし、ビルドし、実行することができます。
    3D Components Run time.png

次のチュートリアル

関連項目