ユニット参照の追加

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ファイルとフォルダの管理方法 への移動


ユニットを使うポップアップ ウィンドウは、ユニットをプロジェクトに追加するのではなく、(プロジェクト内の別のユニットへの)参照をコード エディタで現在アクティブになっているユニットに挿入します。

  1. [ファイル|ユニットを使う...]を選択します。
  2. 検索フィールドで、参照するユニット名の全体または一部を入力します。 検索フィールドでは、入力したテキストに基づいて利用可能なユニットの名前がフィルタ処理されます。
  3. 追加する 1 つのユニットを選択します。
  4. 次のいずれかを選択します。
    • [インターフェイス](interface セクションの uses 句に参照を追加する)
    • [実装](implementation セクションの uses 句に参照を追加する)
  5. Return キーを押します。 選択したユニット名は指定した(複数)セクションの 'uses' 句に追加されます。

メモ: ユーザーのプロジェクトのファイル数が少ない場合は、検索フィールドを使用しないで、リストから直接選択するほうが簡単です。

関連項目