モバイル チュートリアル:Windows PC に開発環境をセットアップする(Android)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

モバイル チュートリアル:モバイル アプリケーション開発(iOS および Android) への移動


Android ターゲット プラットフォーム用に設計された FireMonkey アプリケーションのテスト工程の最も大きな部分では、Android デバイス ターゲット プラットフォームを使用し、USB ケーブルでお使いの開発システムに接続されたテスト Android デバイスを必要とします。Android ターゲット プラットフォームに対するアプリケーション開発において、プラットフォーム アシスタントを使用するは必要ありません。(ただし、Mac OS X および iOS アプリケーションの開発には PAServer が必要です)。

メモ: Appmethod のインストール時に Android 開発ツールをインストールした場合、ここで説明しているセットアップ手順のうちお使いの PC に対して行わなければならないのは、Android デバイス用の USB ドライバをインストールする」だけです。

このチュートリアルまたはその必須のステップが終了したら、過ぎのステップとして以下を行います。

Appmethod 環境のセットアップ

Appmethod のインストール時に、以下の Android 開発ツールが開発用システムにインストールされています。

  • Java 開発キット(JDK)
  • Android ソフトウェア開発キット(SDK)
  • Android ネイティブ開発キット(NDK)

Android 開発ツールは Appmethod と同時にインストールされる

InstallerSDK2.png

Android 開発ツールは、本製品のインストーラを使ってインストールすることをお勧めします。ただし、Android 開発ツールが既にシステムにインストールされている場合や、ツールを自分でインストールしたい場合には、インストーラのそのステップを省略することができます。Android 開発ツールを自分でインストールする具体的な手順については、「Android 開発ツールのインストール」を参照してください。

Android 開発ツールのデフォルトのインストール場所

ツール デフォルトの場所

Java 開発キット(JDK)

C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_25

Android ソフトウェア開発キット(SDK)

C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\PlatformSDKs\android-sdk-windows

Android ネイティブ開発キット(NDK)

C:\Users\Public\Documents\Embarcadero\Studio\17.0\PlatformSDKs\android-ndk-r9c

[ツール|オプション...|SDK マネージャ]で Android SDK を追加する

重要:
  • Appmethod のインストール時に Android SDK および NDK をインストールする場合には、Android SDK は Appmethod の[SDK マネージャ]により自動的に検出されるため、この手順で追加する必要はありません。次の手順「Android デバイス用の USB ドライバをインストールする」に進みます。
  • Android SDK および NDK を自分でインストールした場合には、Appmethod で Android デバイス向けアプリケーションをビルドできるように、この手順を実行する必要があります。
  1. [ツール|オプション...|環境オプション|SDK マネージャを選択します。
    次に示す[SDK マネージャ]では、推奨する Android SDK のすべてのプロパティが設定されています。
    SDKManagerXE6.png
    メモ:
    • [SDK マネージャ]がインストール済みのデフォルト Android SDK を検出できず、ユーザーが Android SDK を[SDK マネージャ]に追加していない場合、[SDK マネージャ]の各フィールドは空のままです。
    • YellowBang.png が付いているフィールドには、正しいパスが設定されていません。該当するフィールドの参照([...])ボタンをクリックして、各ライブラリ ファイルがインストールされた場所を参照できます。
  2. [追加]をクリックします。
  3. [新規 SDK の追加]ダイアログ ボックスで、[SDK バージョンの選択]フィールドの下向き矢印をクリックし、ドロップダウン リストから[新規追加...]を選択します。
    AddNewSDKpage.png
    メモ: インストールした Android SDK が[SDK バージョンの選択]のリストに含まれている場合には、その Android SDK を選択します。

  4. [Android SDK の新規作成]ウィザードが開きます。
    • ウィザードの最初の 2 フィールド、[Android SDK 基底パス][Android NDK 基底パス](インストール場所)を指定します。
      インストール場所のパスを入力するか、参照([...])ボタンをクリックしてインストール場所に移動し選択します。
    • YellowBang.png が付いているのは必須の基底パスがないからです。[次へ >>]ボタンはこれらのフィールドを指定しなければ有効になりません。
    • 次に示すのは、SDK が追加される前、基底パスのフィールドが空であるウィザードです。
      AndDevKitEmpty.png
      このウィザードは、指定した基底パスを検証し、他の各種ライブラリ(ウィザードの 2 ページ目のツール)のパスを自動的に表示します。
      したがって、ウィザードの 1 ページ目で NDK および SDK の基底パスだけを入力すればよいのです。2 ページ目は、少し時間がかかりますが、自動的に入力されて表示されます。場合により、自動入力されたアドレスにファイルが存在するかどうかを検証してください。
    • 次に示すのは、ウィザードの 1 ページ目に Android SDK および NDK のパスを参照ボタンを使って指定した(あるいは直接入力した)ものです。
      パスが検証済みなので YellowBang.png は表示されていません。
      PathsComplete.png
  5. [次へ >>]をクリックしてウィザードの次のページへ進みます。そこには、ウィザードが検出した各フィールドの値が表示されています。
    • 次に示すのは、ウィザードの 2 ページ目ですべてのフィールドがあらかじめ表示されています。
      PrefIlledFields.png
    • パスが表示されていないフィールドがあれば、参照([...])ボタンをクリックし、インストール場所を探して選択します。
  6. [終了]をクリックすると、ウィザードが閉じます。

SDK マネージャ を開くと、インストールした Android SDK について表示、管理できます。

Android デバイス用の USB ドライバをインストールする(必須)

各種 Android デバイス向けに提供されている手順説明とダウンロードのサイトを次に挙げます。

たとえば Nexus 7 や Nexus 10 タブレットの場合には、[Android SDK Manager]を使って Google USB ドライバをインストールします。手順は次のとおりです。

  1. [スタート|プログラム|Embarcadero Appmethod|Android SDK|Android ツール]を選択して、SDK Manager.exe を起動します。 [スタート|プログラム|Appmethod|Android SDK|Android ツール]を選択して、SDK Manager.exe を起動します。
    StartAndTools4.png
    ヒント: [Android SDK Manager]が起動しない場合には、インストールした SDK ディレクトリ内の \tools ディレクトリで android.bat を実行してください。
  2. [Android SDK Manager]で、使用する Nexus 7 または Nexus 10 用の USB ドライバをインストールします。 
    1. [Google USB Driver]を選択し、他のすべてのチェックボックスをオフにして、[Install 1 Package...]をクリックします。
      installUSBdriver.png
    2. Android デバイスの電源を入れ、USB ケーブルで開発用システムに接続します。
    3. 開発システムの[コントロール パネル]の[デバイス マネージャー]で、Nexus 7 または Nexus 10 を右クリックし、[ドライバー ソフトウェアの更新...]を選択します。
    4. [ドライバー ソフトウェアの更新]ダイアログ ボックスで、Android SDK ディレクトリの \extras フォルダに移動し、Nexus 7 または Nexus 10 に応じたフォルダを選択します(Nexus 7 または Nexus 10 では google フォルダを選択)。
    5. [OK] をクリックします。

関連項目