プロパティ エディタの使用

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

プロパティとイベントの設定 への移動

TMemo の Lines など、一部のプロパティには特別なプロパティ エディタがあります。このようなプロパティを[オブジェクト インスペクタ]で選択すると、プロパティ値の横に参照ボタン(ProjectOptionsEllipsis.jpg)が表示されます。

Property Editor Example.png

特定のプロパティのプロパティ エディタを開くには、次のいずれかを行います。

  • フィールドをダブルクリックします。
  • フィールドの参照ボタン(ProjectOptionsEllipsis.jpg)をクリックします。
  • プロパティ名フィールドまたはフィールドにフォーカスがあるときに Ctrl+Enter を押します。

プロパティ エディタを使用すると、単一のダイアログ ボックスで複雑なプロパティを設定できます。入力の検証が可能で、多くの場合、割り当て結果をプレビューすることもできます。

一部のコンポーネントについては、フォーム上でコンポーネントをダブルクリックすると、コンポーネント エディタが開かれます。次に例を示します。

  • TFDConnection の場合は、[FireDAC 接続エディタ]が開きます。
  • TGrid の場合は、[項目エディタ]が開きます。

関連項目