パス変数(FireDAC)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

FireDAC では、次のようなパス内で置換変数を使用することができます。

  • ローカル データベース接続パスを示す Database 接続パラメータ
  • TFDScript の SQLScriptFileName プロパティ
  • TADMoniFlatFileClientLink の FileName プロパティ
  • TFDManager の ConnectionDefFileName プロパティ
  • TFDManager の DriverDefFileName プロパティ
  • InterBase および Firebird サービス コンポーネントの Database プロパティおよび BackupFiles プロパティ

文字列値には、$(変数名) という形式の置換変数を含めることができます。次のような変数名があらかじめ定義されています。

  • DOC -- ドキュメント フォルダのパス
  • TEMP -- 一時ファイル フォルダのパス
  • RUN -- アプリケーション実行可能ファイルのパス
  • RAND -- ランダムな整数
  • NEXT -- 指定されたパス内の次の整数

さらに、変数は環境変数の名前でもかまいません。

どの変数値にも最後のスラッシュは含めません。文字列値には、スラッシュとバック スラッシュのどちらも使用できます。FireDAC では、スラッシュおよびバック スラッシュをプラットフォームに応じた適切な値に置き換えます。

iOS デバイス上の SQLite DB のパス

$(DOC)/test.sdb

一時 DB のパス

$(TEMP)\data.sdb

インクリメンタル DB バックアップ ファイルのパス

/tmp/addemo$(NEXT).bck

追跡ファイルのパス

c:\temp\trace$(NEXT).txt