デモ アプリケーション(FireDAC)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

ファースト ステップ(FireDAC) への移動


このトピックでは、FireDAC のデモ アプリケーションの使用方法について説明します。

概要

FireDAC には多数のサンプル アプリケーションが用意されており、それらは、Appmethod デモ)\Object Pascal\Database\FireDAC\Samples フォルダにあります。 本ドキュメント上では、「デモ」とは FireDAC\Samples\ を指すことに注意してください。 このフォルダには以下のサブフォルダがあります。

  • Getting Started - データベースへの接続およびクエリの実行方法を示す基本的で簡単なデモ アプリケーションが含まれています。
  • Comp Layer - FireDAC コンポーネントのデモ アプリケーションが含まれています。
  • DBMS Specific - 特定の DBMS に限定したデモ アプリケーションが含まれています。
  • DApt LayerDatS LayerGUIx LayerMoni LayerPhys LayerStan Layer - FireDAC の低レベル API に特化した高度なデモ アプリケーションが含まれています。

ツリー構造の下部には以下のサブフォルダがあります。

  • Comp Layer の場合 - 特定のコンポーネントのデモ アプリケーションが含まれています。
  • その他の場合 - 特定の機能のデモ アプリケーションが含まれています。

前提条件

  • 大半の FireDAC デモ アプリケーションについては、FireDAC デモ データベースのインストールが必要です。 そのため、まずデモ データベースをインストールしなければなりません。
  • デモ アプリケーションによっては、お使いの Object Pascal の調整が少し必要になる場合もあります。 大抵の場合、次のことが推奨されます:
  • フォーム読み込みの警告は無視する。
  • 見つからないユニットはコメント アウトする。

関連項目