チュートリアル:[LiveBinding デザイナ]を使ってコントロールをリンクする

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

データベースおよび LiveBinding のチュートリアル への移動


このチュートリアルでは、ソース コードがほとんど何も必要ないアプリケーションを作成するために[LiveBinding デザイナ]を使用してコントロール間の LiveBinding をビジュアルに作成する方法を説明します。

このチュートリアルでは、円の線色と塗りつぶし色を変更するために LiveBinding を使用していくつかのオブジェクトをバインドする HD マルチデバイス アプリケーションを作成します。これらのバインディングはすべて、[LiveBinding デザイナ]を使ってビジュアルかつシームレスに作成されます。

ステップ 1:プロジェクトの作成

新しいプロジェクトを作成します。この例では、HD マルチデバイス アプリケーションを選択します。

  1. TCircle コンポーネントをフォーム デザイナにドラッグ アンド ドロップします。
  2. [ツール パレット]TColorPanel コンポーネントを見つけてフォームにドロップします。
  3. TComboColorBox コントロールについても同様にします。

カラー パネル コントロールでは円の塗りつぶし色を設定し、カラー コンボ ボックスでは円の線色を設定します。

これらのコンポーネントをフォームに配置すると、次の画像のようになります。

LBDLinkingControls.png

ステップ 2:LiveBinding の作成

では次に、[LiveBinding デザイナ]ウィンドウに目を向けます。これが表示されていない場合は、[表示]メニューから[LiveBinding デザイナ]コマンドを選択します。

バインディング図には、フォーム上のオブジェクトを表す個々のブロックが含まれています。この段階では、これらは互いにリンクされていません。円を表すブロック([Circle1])を見つけ、その右下隅にある 3 つのドット([...])をクリックします。

  1. [バインド可能なメンバ]ダイアログ ボックスから[Fill.Color]プロパティと[Stroke.Color]プロパティを選択します。

    LBDBlock3Dots.png

    [OK]をクリックすると、[Circle1]コンポーネントにこれら 2 つのプロパティが表示されます。
  2. [ComboColorBox1]ブロックの[Color]プロパティをクリックし、[Circle1]ブロックの[Stroke.Color]プロパティまで線をドラッグします。

    LBDLinking2Controls.png

  3. [ColorPanel1]ブロックの[Color]プロパティをクリックし、[Circle1]ブロックの[Fill.Color]プロパティまで線をドラッグします。
  4. ダイアグラム内を自動的に整列させる場合は、[再配置]ボタン(LBDRearrange.png)をクリックします。あるいは、自分でブロックを整列させることもできます。

この時点で、バインディング図は次のようになっています。

LBDLinkingDiagram.png

結果

F9 キーを押すか[実行|実行]メニュー コマンドを使って、アプリケーションを実行します。色を変更して、結果を観察します。

LBDLinkingResults.png

関連項目