チュートリアル:初めての EMS クライアント アプリケーションを実装する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

EMS クライアント アプリケーション への移動


EMS クライアント アプリケーションを作成して、EMS サーバーが公開している REST API を通じて EMS サーバーに接続することができます。EMS サーバー リソースや EMS データベースの情報にアクセスするには、組み込みの API を使用することも、カスタム API リソースを使用することもできます。

このチュートリアルの EMS クライアント アプリケーションには、以下のコンポーネントが必要です。

  • TEMSProvider コンポーネント。EMS サーバーとの接続をセットアップするために使用します。
  • TBackendEndpoint コンポーネント。EMS クライアント アプリケーションから特定の EMS リソース エンドポイント メソッド(EMS サーバーの REST API メソッドの 1 つ)にアクセスするために使用します。EMS クライアント アプリケーションは、TBackendEndpoint を呼び出して、EMS サーバーに対する JSON の GET や POST を行います。
メモTBackendEndpoint コンポーネントは、それぞれ 1 つの EMS リソース エンドポイントにアクセスするよう構成されます。アクセス先の EMS リソース エンドポイント メソッドの数だけ TBackendEndpoint コンポーネントを追加してください。

REST API エンドポイントを呼び出すには、TBackendEndpoint コンポーネントの Method プロパティに、適切なメソッドを選択しなければなりません。

EMS クライアントの作成

  1. マルチデバイス アプリケーションを新規作成します。
    • Object Pascal の場合: [ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - Object Pascal]を開きます。
    • C++ の場合: [ファイル|新規作成|マルチデバイス アプリケーション - C++]を開きます。
  2. [ツール パレット]TEMSProvider コンポーネントを探してフォームにドロップします。
  3. [オブジェクト インスペクタ]で、EMS サーバー構成に合わせて以下のように EMS サーバー関連のパラメータを構成します。
    • URLHostlocalhost
    • URLPort8080
    • URLProtocolhttp
    EMSServerConnection.png
  4. [接続テスト]ボタンをクリックします。接続が正しくセットアップされていれば、EMS サーバーの現在のバージョンを示すメッセージが出力されます。
    InfoVersionEMSServer.png
  5. EMS サーバー ウィンドウの[ログ]ペインには、バージョン要求が表示されます。
    InfoVersionEMSServerLog.png

リソース エンドポイント メソッドの呼び出し

EMS クライアント アプリケーションから REST API 呼び出しを行うことで、EMS サーバー リソース エンドポイントを呼び出してデータを取得したり設定することができます。

EMS サーバーの EMS 管理用 API のエンドポイント メソッドも、EMS サーバー機能を拡張するカスタム リソース エンドポイントも使用可能です。

  1. EMS クライアント アプリケーションのフォームに TBackendEndpoint コンポーネントをドロップします。
  2. [オブジェクト インスペクタ]で、EMS サーバー リソースを使用できるよう、TBackendEndpoint の以下のパラメータを設定します。
    • Provider: ドロップダウン リストから、TEMSProvider コンポーネントの名前(EMSProvider1)を選択します。
    • ResourceVersion
    • ResourceSuffix: このチュートリアルでは空のままにしておきます。
    • MethodrmGET
    TBackendEndpointConfiguration.png
  3. これらのパラメータを正しく設定すると、TBackendEndpoint コンポーネントの構成をテストしたときに、EMS サーバーから成功の応答が返されます。テストは次のいずれかで行います。
    TBackendEndpointResponse.png
  4. EMS サーバー ウィンドウの[ログ]ペインには、バージョン要求が表示されます。
    UsersGetEMSServerLog.png

データのビジュアルなバインド

EMS サーバーからの応答データを、EMS クライアント アプリケーションのコンポーネントにビジュアルにバインドすることができます。

  1. [LiveBinding デザイナ]を開いて、EMS クライアント アプリケーションへの応答データをビジュアルにバインドします。[表示|LiveBinding デザイナ]を選択します。
  2. [LiveBinding デザイナ]で、TBackendEndpoint コンポーネントの Response.JSONText プロパティを右クリックし、[新規コントロールにリンク...]オプションを選択して、応答を新しい TMemo コンポーネントにリンクします。
    EMSClientDesignView.png EMSClientLiveBindingDesigner.png
  3. フォームに TLabel をドロップします。
  4. 新しい TButton コンポーネントをフォームにドロップします。
  5. TButton コンポーネントの OnClick イベントを(ダブルクリックして)作成し、以下のコードを追加します。
    • Object Pascal の場合
    procedure TForm1.Button1Click(Sender: TObject);
    begin
        BackendEndpoint1.Execute;
    end;
    
    • C++ の場合
    void __fastcall TForm1::Button1Click(TObject *Sender)
    {
        BackendEndpoint1->Execute();
    }
    
  6. アプリケーションをビルドして実行します。
    EMSClientExecution.png

関連項目