ステップ 4 - スタイル付き FMX コンポーネントをテストする

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

既存のコンポーネントを拡張してスタイル付きの FireMonkey コンポーネントを作成する への移動


TestClockLabelUnit プロジェクトに戻ると、フォーム デザイナTClockLabel コンポーネントのインスタンスに現在時刻が表示されています。

TestClockLabelUnit.png

フォーム デザイナTClockLabel コンポーネントを選択します。TClockLabel コンポーネントに追加した Format プロパティ(デフォルト値は c)が[オブジェクト インスペクタ]に表示されることがわかります。

[実行|デバッガを使わずに実行]メニュー コマンドなどを使って、TestClockLabelUnit プロジェクトを実行します。作成した TClockLabel コンポーネントを含むフォームが開きます。

ClockLabeInForm.png

ClockLabel コントロールには現在時刻が表示されています。

メモ:ステップ 1 - [コンポーネントの新規作成]ウィザードを使ってコンポーネントを作成する」で説明した手順のステップ 4 でデフォルト パスを[ユニット名]フィールドに指定しなかった場合には、そのパスをプロジェクトの[検索パス]リストに追加する必要があります。それには、[プロジェクト|オプション...]メニュー コマンドを選択して、[<プロジェクト名> のプロジェクト オプション]ダイアログ ボックスを開きます。[Object Pascal コンパイラ]ページを選択し、[検索パス]オプションのリストにパスを追加します。

前のステップ