コントロールをコンポーネント プロパティとリンクする

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

[LiveBinding ウィザード] への移動


この手順では、[LiveBinding ウィザード]を使って、コントロールをコンポーネント プロパティとリンクする方法を説明します。

まず、HD マルチデバイス アプリケーションを作成し、その後、フォームに進行状況バーとトラック バーを配置します。ここでは、トラック バー コントロールを進行状況バー コントロールの Value プロパティにバインドする方法を説明します。

LBTProgressTrack.png

ヒント: 右クリック コンテキスト メニューから[LiveBinding ウィザード]を起動できるようにするには、[ツール|オプション...|LiveBinding]で有効にする必要があります。[LiveBinding デザイナ]からこのウィザードを起動する場合には、[オプション]ダイアログ ボックスで有効にする必要はありません。

ステップ 1:[バインディング タスク]

フォームに進行状況バーとトラック バーを配置したら、その 2 つをバインドする必要があります。

トラック バーを右クリックし、[LiveBinding ウィザード...]コマンドを選択します。

その後、[バインディング タスク]ウィザード ページで[TrackBar1 をコンポーネント プロパティにリンク]を選択します。

LBTLinkControlWithProperty1.png

[次へ >>]をクリックすると、選択内容が有効になります。

ステップ 2:[コンポーネント プロパティ]

ここでは、トラック バーをバインドする先のコンポーネントとプロパティを選択します。

[コンポーネント]コンボ ボックスで ProgressBar1 を選択します。

[プロパティ]コンボ ボックスで Value を選択します。

LBTLinkControlWithProperty2.png

[完了]をクリックすると、選択内容が有効になります。トラック バーの Value プロパティと進行状況バーをバインドする新しいバインディング式が作成されます。

結果

ウィザードが閉じた後で IDE のデザイナに戻ると、新しい TBindingsList コンポーネントがフォームに追加されていることがわかります。バインディング式エディタ ダイアログ ボックスは、BindingsList1 コンポーネントをダブルクリックすると開きます。

LBTLinkControlWithPropertyBindingsList.png

ここでアプリケーションを実行し(F9 キーを押します)、トラック バーのスライダを動かしてバインディング式をテストします。進行状況バーが正しく更新されることを確認できます。

次の図に示すのは、実行中のアプリケーションのスクリーンショットです。

LBTLinkControlWithPropertyResults.png

関連項目