コマンドの操作(FireDAC)

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

FireDAC への移動


このセクションでは、FireDAC で SQL コマンドを実行する方法を説明する一連のトピックを扱います。

トピック 説明
コマンド テキストのプリプロセス FireDAC には、強力な SQL コマンド テキスト プリプロセッサが用意されています。これにより、DBMS に依存しない SQL コマンドを作成でき、動的 SQL コマンド生成時の柔軟性も高まります。このプリプロセッサの機能には、置換変数、エスケープ シーケンス、エスケープ関数、条件付きエスケープなどがあります。
コマンドの実行 FireDAC には、SQL コマンドを実行するための TFDQuery コンポーネント、TFDCommand コンポーネント、いくつかの TFDConnection コンポーネント メソッドが用意されています。SQL コマンドは SQL データベースと通信する主な手段です。
ストアド プロシージャの実行 ストアド プロシージャは直接実行することができるため、FireDAC には、データベースのストアド プロシージャを実行するための TFDStoredProc コンポーネントが用意されています。
テーブルの閲覧 FireDAC には、データベース テーブル データの閲覧、レコードのフィルタリングとソート、テーブル データの編集を行うための TFDTable コンポーネントが用意されています。
データベース警告 FireDAC には、データベース警告のリスン、送信、管理を行うための TFDEventAlerter コンポーネントが用意されています。
データ変更通知 FireDAC には、データにおける変化を追跡する、TFDEventAlerter コンポーネントの上位アプリケーションが容易されています。
行の取得 SQL コマンドを実行すると、結果セットを返すカーソルが作成される場合があります。FireDAC には、カーソルを効果的に処理し、行を取得してクライアントのレコード キャッシュに格納するためのさまざまな機能が用意されています。
コマンド バッチ FireDAC では、複数の SQL コマンドを単一のステップで実行でき、複数の結果セットを順に処理できる SQL コマンド バッチをサポートしています。
配列 DML FireDAC には、パフォーマンスの高い配列 DML 機能が用意されています。これにより、標準の INSERT または UPDATE SQL コマンドを使って、大量のデータをデータベースに移すことができます。
配列 DML のパフォーマンス 配列 DML 機能のパフォーマンスの高さについて説明します。このトピックでは、簡単な例を使って、ほんの数行のコードを書くだけで 1 秒間に何千行ものレコードを挿入する方法を示します。
非同期実行 FireDAC には、操作の非同期実行のための機能が複数用意されています。FireDAC はマルチスレッド アプリケーションですぐ使えるようになっているだけでなく、そもそも、FireDAC により開発者がマルチスレッド処理を扱いやすくなります。FireDAC では、データ アクセス操作の実行の時間的制御が可能だからです。それには ExecuteOpenFetch の各操作が含まれます。
SQL スクリプトの実行 ほとんどのデータベース アプリケーションにはバックエンドの管理用ユーティリティがあり、そこで SQL スクリプトを実行しなければなりません。これらのスクリプトは、DBMS の SQL スクリプト構文に適合したコードを使って記述されます。TFDScript は FireDAC の SQL スクリプト プロセッサです。
ローカル SQL FireDAC には、柔軟性の高いローカル SQL 機能が用意されています。これにより、TDataSet の下位クラスをデータ ソースとして、それに対して SQL クエリを実行できます。
BLOB ストリーミング FireDAC には、BLOB ストリーミング機能が用意されています。これにより、データベースとの大量のデータ交換を最適化することができます。