アプリケーションを作成し uses 句を定義する

提供: Appmethod Topics
移動先: 案内検索

チュートリアル:LiveBinding をプログラムで使用する への移動


注意: ここで説明しているプログラム的手法は、バインディング式を実装する標準的な手法ではありません。通常は、設計時に[オブジェクト インスペクタ](標準的な手法)を使用します。バインディング式をプログラムで作成する必要はないでしょう。ただし、そのような式を手動で作成することも可能であり、このチュートリアルではそれを例を用いて示します。


LiveBinding をプログラムで使用する方法をうまく説明するため、次のとおり選択して新しいプロジェクトを作成します。


C++ コンソール アプリケーションをビルドすることを選択する場合、[新規コンソール アプリケーション]ウィザード(C++)で、[ソースの種類][C++][ターゲット フレームワーク][なし]を選択し、[マルチスレッド]をオフにして、[コンソール アプリケーション]がオンであることを確認します。


Object Pascal プロジェクトでは、uses 句に次のユニットをインクルードする必要があります。

Object Pascal の場合:

Uses
  System.Bindings.Expression,
  System.Bindings.Helper;
C++ プロジェクトでは、次のヘッダーをインクルードする必要があります。

C++ の場合:

#include <System.Bindings.Expression.hpp>
#include <System.Bindings.Helper.hpp>
また、LiveBinding エンジンで使用される RTTI 情報を生成するように C++ コンパイラに指示する必要もあります。それには、プロジェクトの冒頭に以下の行を追加します。
#pragma explicit_rtti methods()

これらのユニットの詳細については、該当する以下の API リファレンス トピックを参照してください。

次のトピック

関連項目