System.Variants.TInvokeableVariantType.DoProcedure

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

function DoProcedure(const V: TVarData; const Name: string;  const Arguments: TVarDataArray): Boolean; virtual;

C++

virtual bool __fastcall DoProcedure(const TVarData &V, const System::UnicodeString Name, const TVarDataArray Arguments);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Variants.pas
System.Variants.hpp
System.Variants TInvokeableVariantType

説明

値を返さないすべてのメソッドを実装します。

DoProcedure メソッドをオーバーライドして,値を返さないメソッドの呼び出しを実装できます。アプリケーションから Variant メンバー手続きを呼び出したとき(Object Pascal)または Variant の Exec メソッドを呼び出したとき(C++),TInvokeableVariant の下位オブジェクトに呼び出しの実装を可能にさせる DoProcedure メソッドの呼び出しが自動的に生成されます。

V は,プロシージャを呼び出すために使った Variant インスタンスの TVarData レコードです。

Name は,手続きの名前です。

Arguments は,TVarData レコードの動的配列です。ただし,レコードはそれぞれ,手続きに渡される引数の値を表します。

DoProcedure メソッドは,手続き呼び出しを実行する場合は true を返し,指定された手続きを実装していない場合は false を返します。

TInvokeableVariant で実装されている DoProcedure メソッドは,手続き呼び出しを実装しないので常に false を返します。

関連項目