System.TypInfo.TPropInfo

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

  TPropInfo = packed record
    PropType: PPTypeInfo;
    GetProc: Pointer;
    SetProc: Pointer;
    StoredProc: Pointer;
    Index: Integer;
    Default: Integer;
    NameIndex: SmallInt;
    Name: TSymbolName;
    function NameFld: TTypeInfoFieldAccessor; inline;
    function Tail: PPropInfo; inline;
  end;

C++

struct DECLSPEC_DRECORD TPropInfo
{
public:
    PTypeInfo *PropType;
    void *GetProc;
    void *SetProc;
    void *StoredProc;
    int Index;
    int Default;
    short NameIndex;
    TSymbolName Name;
    TTypeInfoFieldAccessor __fastcall NameFld(void);
    PPropInfo __fastcall Tail(void);
};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
record
struct
public
System.TypInfo.pas
System.TypInfo.hpp
System.TypInfo System.TypInfo

説明

TPropInfo は、コンポーネント プロパティの型情報のレコードです。

TPropInfo が使われるのは、主に、GetPropInfo を呼び出した結果を保持するためです。コンポーネント プロパティについてのメタ詳細を Object Pascal の RTTI(Run Time Type Information:実行時型情報)メカニズムの一部として提供するため、実行時のコンポーネント プロパティ処理が可能になります。これにより、必要以上に値をハード コーディングすることなく、より汎用のコンポーネント処理を行うことができます。

TPropInfo のフィールドには以下の意味があります。



フィールド 意味

PropType

プロパティの型に関する情報を提供するデータ構造へのポインタです。

GetProc

コンポーネント プロパティの値を取得するメソッドへのメソッド ポインタです。

SetProc

コンポーネント プロパティの値を設定するメソッドへのメソッド ポインタです。

Index

プロパティのインデックスです。インデックス付きのプロパティに対して GetProc メソッドおよび SetProc メソッドを呼び出す際のパラメータとして使われます。

Default

プロパティのデフォルト値です。

NameIndex

Name フィールド内のプロパティ名の開始位置を示すオフセットです。

Name

限定子付きのプロパティ名です。



関連項目