System.TypInfo.SetVariantProp

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure SetVariantProp(Instance: TObject; const PropName: string; const Value: Variant);
procedure SetVariantProp(Instance: TObject; PropInfo: PPropInfo; const Value: Variant);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall SetVariantProp(System::TObject* Instance, const System::UnicodeString PropName, const System::Variant &Value)/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.TypInfo.pas
System.TypInfo.hpp
System.TypInfo System.TypInfo

説明

バリアント型であるコンポーネント プロパティの値を設定します。

SetVariantProp は、Object Pascal の RTTI(Run Time Type Information:実行時型情報)を利用して、コンポーネントのバリアント型のプロパティの値を設定します。

この関数の 1 つの形式では、オブジェクト インスタンス(Instance)のプロパティを PropInfo レコードで定義します。GetPropInfo および GetPropList を使うと、このようなレコードを取得することができます。

この関数のもう 1 つの形式では、プロパティの名前、PropName を明示的に指定します。

関数のいずれの形式でも、プロパティの新しい値を Value に定義します。

この関数の本質的な価値は、プロパティ名をハード コーディングしなくてもコンポーネント プロパティを設定できる点にあります。これにより、実行時にビジュアル コンポーネントの処理をまとめて行うことができます。

SetPropValue を使うと、型が不明なプロパティの値を設定することができます。通常、これを使うのは、別のプロパティから GetPropValue を使用したときです。

メモ:  指定したプロパティが存在しない、またはパブリッシュされたプロパティでない場合には、EPropertyError 例外が送出されます。

関連項目