System.Internal.VarHlpr.VariantClear

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

procedure VariantClear(var V: Variant);

C++

extern DELPHI_PACKAGE void __fastcall VariantClear(System::Variant &V);

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
procedure
function
public
System.Internal.VarHlpr.pas
System.Internal.VarHlpr.hpp
System.Internal.VarHlpr System.Internal.VarHlpr

説明

バリアントを空に、したがって割り当てがない状態にします。

VariantClear を呼び出すことは、Unassigned 定数をバリアントに割り当てることと同じです。VariantClear を呼び出した後、VarIsEmpty 関数は true を返し、VarType 関数は varEmpty を返します。式で割り当てのないバリアントを使うと、例外がスローされます。同様に、割り当てのないバリアントを別の型に変換すると(VariantCast を使用)、例外がスローされます。

メモ:  割り当てなしの状態にする、バリアントのクリアと、NULL 値の割り当てを混同しないように注意してください。NULL バリアントでも割り当てられていますが、値は NULL です。割り当てのないバリアントと異なり、NULL バリアントは、式で使用でき、バリアントの別の型に変換できます。

関連項目