System.Bindings.Helper.TBindings.CreateManagedBinding

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

class function CreateManagedBinding(  const InputScopes: array of IScope; const BindExprStr: string; const OutputScopes: array of IScope; const OutputExpr: string; const OutputConverter: IValueRefConverter; BindingEventRec: TBindingEventRec; Manager: TBindingManager = nil; Options: TCreateOptions = [coNotifyOutput]): TBindingExpression; overload;
class function CreateManagedBinding(  const InputScopes: array of IScope; const BindExprStr: string; const OutputScopes: array of IScope; const OutputExpr: string; const OutputConverter: IValueRefConverter; Manager: TBindingManager = nil; Options: TCreateOptions = [coNotifyOutput]): TBindingExpression; overload;

C++

__classmethod System::Bindings::Expression::TBindingExpression* __fastcall CreateManagedBinding(System::Bindings::Evalprotocol::_di_IScope const *InputScopes, const int InputScopes_High, const System::UnicodeString BindExprStr, System::Bindings::Evalprotocol::_di_IScope const *OutputScopes, const int OutputScopes_High, const System::UnicodeString OutputExpr, const System::Bindings::Outputs::_di_IValueRefConverter OutputConverter, const TBindingEventRec &BindingEventRec, System::Bindings::Manager::TBindingManager* Manager = (System::Bindings::Manager::TBindingManager*)(0x0), TCreateOptions Options = (TCreateOptions() << TCreateOption::coNotifyOutput ))/* overload */;
__classmethod System::Bindings::Expression::TBindingExpression* __fastcall CreateManagedBinding(System::Bindings::Evalprotocol::_di_IScope const *InputScopes, const int InputScopes_High, const System::UnicodeString BindExprStr, System::Bindings::Evalprotocol::_di_IScope const *OutputScopes, const int OutputScopes_High, const System::UnicodeString OutputExpr, const System::Bindings::Outputs::_di_IValueRefConverter OutputConverter, System::Bindings::Manager::TBindingManager* Manager = (System::Bindings::Manager::TBindingManager*)(0x0), TCreateOptions Options = (TCreateOptions() << TCreateOption::coNotifyOutput ))/* overload */;

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
function public
System.Bindings.Helper.pas
System.Bindings.Helper.hpp
System.Bindings.Helper TBindings

説明

管理バインディング式を作成するためのヘルパ関数。

CreateManagedBinding は、管理バインディング式を作成するためのヘルパ メソッドです。 CreateManagedBinding にはオーバーロード メソッドが 2 つあります。

CreateManagedBinding の第 1 オーバーロード メソッドは、次のパラメータで呼び出します。

パラメータ 意味
InputScopes バインディング式の文字列の検索に使用される入力スコープ の配列。
BindExprStr バインディング エンジンによって評価される文字列式。
OutputScopes 出力の割り当て場所の検索に使用される出力スコープの配列。
OutputExpr 割り当て場所を決定するために、OutputScopes で評価される文字列式。
OutputConverter バインディング式で使用する出力コンバータ。 デフォルト コンバータはすべて、OutputConverternil の場合に使用されます。
BindingEventRec バインディング式イベントを保持するレコード。
Manager バインディング式オブジェクトを作成するマネージャ。 ルート AppManager は、Manager が提供されていないときに使用されます。
Evaluate バインディング式が内部的に評価されるかどうかを示します。

CreateManagedBinding の第 2 オーバーロード メソッドは、次のパラメータで呼び出します。

パラメータ 意味
InputScopes バインディング式の文字列の検索に使用される入力スコープ の配列。
BindExprStr バインディング エンジンによって評価される文字列式。
OutputScopes 出力の割り当て場所の検索に使用される出力スコープの配列。
OutputExpr 割り当て場所を決定するために、OutputScopes で評価される文字列式。
OutputConverter バインディング式で使用する出力コンバータ。 デフォルト コンバータはすべて、OutputConverternil の場合に使用されます。
Manager バインディング式オブジェクトを作成するマネージャ。 ルート AppManager は、Manager が提供されていないときに使用されます。
Evaluate バインディング式が内部的に評価されるかどうかを示します。

管理バインディング式 は、マネージャに属する式で、このマネージャを介して通知を送信します。管理バインディング式は、他の既存のバインディングに比べ、依存度に応じて自動的に通知されます。 つまり、この管理バインディング式によって使用されているオブジェクトやプロパティが変更されるたびに、自動的に通知が送られます。管理バインディング式は、自動的に破壊されます。

関連項目