FireDAC.Stan.Option.TFDResourceOptions.MacroCreate

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property MacroCreate: Boolean read GetMacroCreate write SetMacroCreate  stored IsMCS default True;

C++

__property bool MacroCreate = {read=GetMacroCreate, write=SetMacroCreate, stored=IsMCS, default=1};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Stan.Option.pas
FireDAC.Stan.Option.hpp
FireDAC.Stan.Option TFDResourceOptions

説明

Macros コレクションの自動割り当てを制御します。

MacroCreate プロパティを使用すると、Macros コレクションの自動割り当てを制御することができます。True の場合、SQL プリプロセッサは、SQL コマンド テキストの「!」や「&」をスキャンし、マクロ名を抽出し、それを Macros コレクションへ入れます。スキャニングは、コマンド テキストが変更されるたびに実行されます。デフォルト値は True です。  MacroCreate を False に設定すると、次の状況下で便利な場合があります:

  • ターゲット DBMS が、「!」、「&」シンボルを独自の SQL 独自言語で使用すると、FireDAC は、それらを SQL の構造として認識できません。 また、これらのシンボルの入った SQL コマンドは、FireDAC SQL プリプロセッサを混乱させます。 マクロの説明については、「コマンド テキストのプリプロセス」を参照してください。
  • アプリケーションは、Macros コレクションを手動で設定します。
  • アプリケーションは、どのマクロも使用しません。

PreprocessCmdTextFalse に設定すると、False 値を MacroCreate に割り当てます。

関連項目