FireDAC.Stan.Option.TFDFormatOptions.SortOptions

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property SortOptions: TFDSortOptions read GetSortOptions write SetSortOptions  stored IsSOS default [];

C++

__property Firedac::Stan::Intf::TFDSortOptions SortOptions = {read=GetSortOptions, write=SetSortOptions, stored=IsSOS, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Stan.Option.pas
FireDAC.Stan.Option.hpp
FireDAC.Stan.Option TFDFormatOptions


説明

ローカルのソート操作で使用する、デフォルトのソート オプションを示します。

SortOptions プロパティを使用すると、ローカルのソート操作で使用する、デフォルトのソート オプションを示すことができます。 詳細については、「Options」を参照してください。 デフォルト値は、[] です。  ローカルでのソートは、IndexFieldNames および Indexes プロパティで実行されます。 SortOptions は、Indexes コレクション内のインデックスに対するデフォルト値で、Options プロパティによって上書きされる可能性があります。 SortOptions は、IndexFieldNames に対してオプションを指定するための唯一の方法です。 

TFDMemTable、TFDQuery、TFDStoredProc の場合、SortOptions の指定は常に省略可能です。

TFDTable の場合、データベース照合順序がデフォルト ロケールと異なる場合、指定は必須となります。 この場合、soNoCase、soNullLess、soNoSymbols の指定を検討します。 soDescNullLast および soNullFirst は、TFDTable では無視されます。 NULL の位置は、DBMS によって決定されます。

また、SortLocale も使用できます。

関連項目