FireDAC.Stan.Option.TFDFetchOptions.Unidirectional

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property Unidirectional: Boolean read GetUnidirectional  write SetUnidirectional stored IsUS default False;

C++

__property bool Unidirectional = {read=GetUnidirectional, write=SetUnidirectional, stored=IsUS, default=0};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Stan.Option.pas
FireDAC.Stan.Option.hpp
FireDAC.Stan.Option TFDFetchOptions


説明

データセット レコード間を移動する方向を指定します。

Unidirectional プロパティを使用すると、アプリケーションがデータセット レコード間を、正方向にのみ移動するのか、正方向/逆方向、ランダム方向なのかを指定することができます。すでに使用されているデータセットの Unidirectional を変更するには、アプリケーションが、Disconnect メソッドを最初に呼び出します。 

UnidirectionalTrue に設定すると、アプリケーションは正方向のみに移動することができます。FireDAC は、データセット内の現在の位置に移動すると、それまでの行は必要なくなるため、それら以前の行を、内部データ ストレージから自動的に破棄します。これにより、大きな結果セットについて消費されるメモリを、劇的に削減することができます。  TFDTable に対して UnidirectionalTrue に設定すると、ライブ データ ウィンドウ モードが無効になります。

メモ: データをグリッド コントロールに表示する際には、単方向データセットを使用してはいけません。それには、双方向データセットが必要となります。

Unidirectional プロパティは、IsUniDirectional と同期がとられます。

関連項目