FireDAC.Phys.DB2.TFDPhysDB2DriverLink

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FireDAC.Phys.ODBCBase.TFDPhysODBCBaseDriverLinkFireDAC.Phys.TFDPhysDriverLinkFireDAC.Stan.Intf.TFDComponentSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTFDPhysDB2DriverLink

Object Pascal

TFDPhysDB2DriverLink = class(TFDPhysODBCBaseDriverLink)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TFDPhysDB2DriverLink : public Firedac::Phys::Odbcbase::TFDPhysODBCBaseDriverLink

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FireDAC.Phys.DB2.pas
FireDAC.Phys.DB2.hpp
FireDAC.Phys.DB2 FireDAC.Phys.DB2

説明

TFDPhysDB2DriverLink コンポーネントを使用して、IBM DB2 ドライバをアプリケーションにリンクし、セットアップすることができます。

TFDPhysDB2DriverLink コンポーネントを使用して、IBM DB2 ドライバをアプリケーションにリンクすることができます。一般には、FireDAC.Phys.DB2 ユニットをアプリケーションの uses 句に含めるだけで十分です。

TFDPhysDB2DriverLink コンポーネントを使って以下を指定することができます。

  • ODBCDriver - DB2 ODBC ドライバ名。
  • ODBCAdvanced - すべての接続で共有される DB2 ODBC ドライバ接続パラメータ。
  • VendorLib - ODBC ドライバ マネージャ。デフォルトは odbc32.dll で、ほとんどの場合は変更するべきではありません。

どのプロパティにも、ほとんどの場合に適したデフォルト値が設定されています。プロパティを変更する場合には、このドライバで最初に接続を行う前に変更するか、Release メソッドを使用しなければ、効果がありません。

   ADPhysDB2DriverLink1.ODBCAdvanced := 'IGNOREWARNINGS=1';
   ADPhysDB2DriverLink1.ODBCDriver := 'IBM DB2 ODBC DRIVER - DB2COPY1';

関連項目