FireDAC.Comp.UI.TFDGUIxComponent.Provider

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property Provider: String read GetProvider write SetProvider  stored FProviderSpecified;

C++

__property System::UnicodeString Provider = {read=GetProvider, write=SetProvider, stored=FProviderSpecified};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property published
FireDAC.Comp.UI.pas
FireDAC.Comp.UI.hpp
FireDAC.Comp.UI TFDGUIxComponent

説明

実装の種類を指定します。


Provider プロパティを使用すると、GUIx コンポーネントの実装を以下から選択できます。

説明

Forms

Object Pascal/Appmethod C++ の場合は VCL ベースの実装。Lazarus/FPC の場合は LCL ベースの実装。

FMX

FireMonkey ベースの実装(Object Pascal/Appmethod C++ XE2 以降の場合)。

Console

コンソール ベースの実装。

設計時に Provider プロパティを設定した後、フォームを保存すると、対応する実装ユニットがフォームの uses セクションに自動的に追加されます。実行時には、対応する実装ユニットを uses セクションに手動で追加する必要があります。対応する実装がアプリケーションにリンクされていない場合は、例外が発生します。サポートされている実装については、該当するコンポーネントの説明を参照してください。

メモProvider プロパティの値が変更された場合、開発者は、古い Provider 値に対応する実装ユニットを uses セクションから削除する必要があります。たとえば、'Forms' から 'FMX' に切り替えるには、TFDGUIxFormsXxx ユニットを削除する必要があります。

Provider プロパティ値が明示的に割り当てられていない場合は、デフォルト値が使用されます。デフォルトでは、これは、FireMonkey ベースのアプリケーションの場合は 'FMX'、Windows コンソール アプリケーションの場合は 'Console'、それ以外の場合は 'Forms' です。

Provider プロパティ値は、コンポーネントを初めて使用する前に割り当てておく必要があります。

 uses
 uADGUIxFMXfLogin;
 ....
 FDGUIxLoginDialog1.Provider := 'FMX';
 FDConnection1.LoginDialog := ADGUIxLoginDialog1;
 FDConnection1.Connected := True;

関連項目