FireDAC.Comp.Client.TFDUpdateSQL

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

FireDAC.Comp.Client.TFDCustomUpdateObjectFireDAC.Stan.Intf.TFDComponentSystem.Classes.TComponentSystem.Classes.TPersistentSystem.TObjectTFDUpdateSQL

Object Pascal

TFDUpdateSQL = class(TFDCustomUpdateObject)

C++

class PASCALIMPLEMENTATION TFDUpdateSQL : public TFDCustomUpdateObject

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
class public
FireDAC.Comp.Client.pas
FireDAC.Comp.Client.hpp
FireDAC.Comp.Client FireDAC.Comp.Client

説明

このクラスは、更新を直接ポストできないクエリやストアド プロシージャに代わって更新を適用します。


TFDUpdateSQL オブジェクトを使用すると、TFDQueryTFDStoredProcTFDTable のいずれかのコンポーネントからの更新をポストするための SQL 文を提供できます。

TFDUpdateSQL を使用すると、データセットで生成された更新用 SQL コマンドを自動的にオーバーライドできるようになりますが、SQL コマンドを実行して DB に変更をポストすることはできません。TFDQueryTFDTable の場合は、これらのコンポーネントが自動的に SQL コマンドを生成しデータセットからの更新を DB にポストできるので、TFDUpdateSQL を使用するかどうかは任意です。ただし、TFDStoredProc の場合は、TFDUpdateSQL を必ず使用する必要があります。

設計時に SQL コマンドを指定するには、TFDUpdateSQL コンポーネントをダブルクリックして、その設計時エディタを使用します。実行時に SQL コマンドを指定するには、ModifySQLInsertSQLDeleteSQL などのプロパティを使用します。特定の更新用 SQL コマンドのパラメータ値やマクロ値を追加指定するには、Commands プロパティを使用します。

関連項目