FireDAC.Comp.Client.TFDCustomConnection.DriverName

提供: Appmethod Libraries
移動先: 案内検索

Object Pascal

property DriverName: String read GetDriverName write SetDriverName stored False;

C++

__property System::UnicodeString DriverName = {read=GetDriverName, write=SetDriverName, stored=false};

プロパティ

種類 可視性 ソース ユニット
property public
FireDAC.Comp.Client.pas
FireDAC.Comp.Client.hpp
FireDAC.Comp.Client TFDCustomConnection

説明

この接続の FireDAC ドライバの ID を指定します。


DriverName を使用して、ConnectionDefName を指定しない接続用に使用する FireDAC ドライバの ID を指定することができます。DriverName は、有効な FireDAC 登録済みドライバ ID でなければなりません。

アプリケーションが DriverName を設定する場合、Params プロパティで接続パラメータを指定する必要もあります。

通常どおり、ConnectionDefName プロパティで指定したエイリアスは接続パラメータを指定しますが、DriverName が設定されている場合、ConnectionDefName プロパティは、FireDAC ドライバ ID の競合を避けるために自動的にクリアされます。

Connected プロパティが True であるとき、DriverName の設定を試みると、例外が発生します。

DriverName 値を設定すると、DriverID=<xxx> パラメータは Params リストに追加されます。

以下の 2 つの方法で DriverName を選択することができます。

  • 設計時には、TConnection コンポーネントをダブルクリックして、[FireDAC 接続エディタ]を起動し、DriverName を設定します。
  • プロパティ インスペクタでドロップダウン リストから DriverName 値を選択します。

 FDConnection1.DriverName := 'Oracle';
 FDConnection1.Params.Add('Database=testdb');
 ....
 FDQuery1.Connection := FDConnection1;
 FDQuery1.Open('select * from test_tab');

関連項目